ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
パーティーや料理…「イースター」どう楽しむ?SNS映えするア...

2017年04月21日

日刊Sumai

パーティーや料理…「イースター」どう楽しむ?SNS映えするアイディア

春のイベントとして近年、日本でも認知されつつある「イースター」(2017年の復活節は4月16日~23日)。

この時期、テーマパークなどではイースターイベントが開催されたり、街を歩けば関連グッズやお菓子が目に付きます。

パステルカラーやイースターエッグなど、写真映えしそうな「イースター」は、SNS世代にとっては大注目のイベントのようですが……。

「イースター」を楽しむ、って一体どういうことなのでしょうか?

 

そもそも「イースター」って?

キリスト教で最も大事な行事は「クリスマス」ではなく、実は「イースター」だってこと、ご存知でしたか?

イースターを一言で言うと「復活祭」。

キリスト教で、イエスの復活を祝う祭りであり、キリスト教最古の儀式です。

JanPietruszka / PIXTA

イースターのシンボルといえば、「イースターエッグ」と「ウサギ」。

子だくさんのウサギは、繁栄や多産のシンボルなんです。

また、生命や復活を象徴する卵はイースターウサギが運んできたとされることから、シンボルとして使われてきたのではないかと言われているそう。

卵やウサギ型のチョコレートや、チョコエッグをプレゼント交換したり、カラフルにペイントした卵を飾ったり、卵を隠して「エッグハント」をしたりなどは日本でもよく知られていますよね。

 

日本でのイースターの楽しみ方

creativefamilly / PIXTA

ある調査によると、イースターの認知度は87.6%

さらに「イースターを知っている」と回答した2人に1人は、昨年のイースターの時期にイベントに参加したり、パーティーやお菓子を交換し、イースターを楽しんだそう。

今後、年間のイベントとして国内でさらに定着しそうなイースター。

今年はグッズを眺めるだけでなく、家族や友人たちと実際にイースターパーティを楽しむのもいいかもしれません!

 

SNS映えは欠かせない!? 卵料理やデコレーション……イースターの楽しみ方って?

【パーティースタイリング】

写真映えするハッピーオーラ全開のパステルカラー、可愛らしい卵やウサギなどのグッズを集めて並べると、こんなにも可愛らしく、柔らかい雰囲気のデコレーションに。

子どもが大好きなバルーンを取り入れると、さらに賑やかな雰囲気を演出できますよ。

テーブル中央の“うさみみ”のケーキ型のオブジェのように、パーティーに参加する子どもたちも、“うさみみ”カチューシャをするとパーティのゲームもさらに盛り上がりそう。

イースターエッグを飾るのも素敵ですが、作るのがちょっと大変……という方は、卵型に切った紙や卵型のお菓子をイースターエッグとして使うとカンタンにSNS映えするスタイリングが完成しますよ。

 

【パーティーフード】

調理法を変えるだけで、いろんなメニューができる卵料理。

イースターのテーマに合わせてSNS映えするお料理でオススメなのがコチラ。

薄焼きタマゴ×ミートソース×ベーコン×とろけるチーズを、ミルフィーユのように重ねてつくる、「エッグミルフィーユピザ」。

切り分けの断面が美しく、かつ食感も楽しのでパーティにピッタリですね。

こちらは味付けタマゴにひき肉、豚バラ肉を巻いてフライにした「スコッチエッグ」。

グリーンの野菜や春らしい花を添えれば、まるでお花畑のような見た目に。

簡単、オシャレにできる「アボカドエッグ」もオススメ。

種をくり抜いたアボカドに卵を割り入れ、チーズやベーコン、塩コショウで味付けし、オーブンで焼くだけの簡単レシピ。

パーティのあと1品に重宝するメニューです。

 

いかがでしたか?

筆者の娘も習い事のイースターパーティに参加していましたが、”エッグハント”や”エッグレース”などのゲームは子ども達に大ウケでした。

SNS人気とグッズの充実で、今後はイースターもハロウィンのように一大イベントになりそうですね!

 

【参考】

※  イースター認知度87.6%!“SNS映え”して、“みんなでワイワイ”楽しめるイースター・パーティーを提案

 

最終更新日:2017年04月21日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。