ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
「御社、“のっけ”OKですか?」と、不動産会社の営業が電話し...

2017年09月22日

日刊Sumai

「御社、“のっけ”OKですか?」と、不動産会社の営業が電話していたら要注意!?

「御社、“のっけ”OKですか?」と、不動産会社の営業が電話していたら要注意!?

 

KY / PIXTA

不動産業界で「ブンマン」といえば分譲マンション、「チンマン」といえば賃貸マンションのことを意味するということを前回の記事でご紹介しました。

「ブンマン」の取引では「ブツアゲ」して「ネコナシ」した物件を「JJ」に掲載し、「アテブツ」といったテクニックを駆使して「カイツケ」を取るのですが、

人生最大の買い物と呼ばれるくらいのものですから、一般の方がそう何回も経験するものではありません。

それに対して「チンマン」の取引は引っ越しの度に発生するものですから、ほとんどの方が一度は経験しているのではないかと思います。

今回は「チンマン」まわりの業界用語についてご説明します。

 

「審査OKなので“チンパツ”を決めてください」って、どういう意味?

ふじよ / PIXTA

お部屋を決定して申し込みを入れると、まずは入居審査があります。

部屋を貸しても後々で問題が生じないか申込書の内容を確認して検討するのですが、その際に最も重視されるのは収入と勤務先です。

晴れて審査OKということになると、物件を扱う業者(物元という)から仲介会社の営業の元に「チンパツはいつにしますか?」という連絡が入ります。

この「チンパツ」とは賃料発生日のことで、賃貸借契約の起算日となります。

引っ越しを控えた借主にとってはできるだけ先がいいでしょうが、問題ないのは2週間先くらいまでで、それ以上先になると断られることもあります。

賃発が決まれば契約金の金額が確定し、契約書を作成することができます。

 

契約金の中身は何か?「チュウテ」「マエヤチン」「U9」「ディンプル」って?

リョウ / PIXTA

契約時に必要となる契約金の内容については物件によって違ってきますが、

おおむね敷金・礼金・家財保険料・鍵交換代・日割り家賃・前家賃・仲手といったところだと思います。

最近は敷金・礼金共にゼロという「ゼロゼロ物件」が増えてきていますが、敷金については必ずしもゼロがいいとは限りません。

鍵交換代は任意の場合と必須の場合があります。

ギザギザの入った従来型の「U9(ユーナイン)」キーピッキングや複製がしにくい新型の「ディンプル」キーがあるので注意してください。

「仲手」とは仲介手数料のことで賃料の1か月分が相場です。

物件によってチンパツ(賃発)が2日以降の場合は契約時に翌月分賃料もとるという場合があり、これを「前家賃」と言います。

仮に12月2日契約開始の場合、12月の30日分の賃料と1月の1か月分賃料が契約時に必要です。

当月分の日割り賃料だけで済む物件もあるので事前に確認しましょう

 

お客様に実害はない「タンボ」と「エーディー」とは?

Rina / PIXTA

不動産業者がお客様から頂けるお金は契約成立時の仲介手数料しかなく、たとえ経費が発生したとしても契約にならなければ1円にもなりません。

営業の給料は固定部分に売り上げに連動した歩合給を加えたものがほとんどで、給料を上げるためには売り上げを上げなければなりません。

営業のモチベーションを刺激してお客様に少しでも紹介してもらえるように、家主が営業の鼻先にぶら下げるニンジンが「タンボ」と「AD(エーディー)」です。

タンボは担当者ボーナスのことで、商品券や現金などのボーナスを客付けした営業に出すというものです。

ADは不動産会社に対して支払われるもので広告料とも呼ばれる場合もあります。

AD1か月という物件を成約すれば、仲介手数料に加えて、1か月分のADが入金されるためその分だけ売り上げがアップして給料に直結します。

xiangtao / PIXTA

筆者はAD5か月という店舗物件を決めたことがありますが、その1件だけでとんでもない売り上げになりました。

タンボもADも空き部屋を早く埋めるための家主の工夫であって、客にとって何ら損になるものではありません。

どこかのライターが「不動産業界に未だにはびこる悪習を告発する!」といった調子で

「タンボ物件を見抜く眼力をもたなければならない」などと書いている記事を見たことがありますが、ピント外れにも程があるというものです。

 

「御社のっけOKですか?」と営業が電話していたら要注意!

Graphs / PIXTA

不動産業者には扱っている物件についての問い合わせが客付け業者からしょっちゅう入ってきますが、その中にたまにあるのが「御社、〝のっけ”OKですか?」というものです。

「のっけ」とは例えば「敷金1礼金0」の物件に仲介会社が礼金1をのっけてお客様に紹介するというものです。

大抵の業者は「のっけ不可」ですが「のっけ可」という会社もいくつかあり、そういう場合のっけられた1か月分の礼金が仲介会社へのADとなります。

物元に問い合わせをして「のっけOK」であれば、営業図面(マイソクといいます)の礼金0のところに1を切り貼りし、そのコピーをお客様に渡すという手口です。

客からすれば賃料1か月分余計に支払わされることになるので注意が必要です。

sasaki106 / PIXTA

不動産情報は共有化されているため、同じ物件を他の業者でも紹介していることはよくあります。

決めようと思っている物件がある場合、念のため他社のサイトで同じ物件を検索してみることをオススメします。

自分が礼金1で契約しようとしている物件が他社のサイトで礼金0で紹介されていた場合は「のっけ」られたのです。

その場合ははっきりと言えば、すぐに0にしてくれるはずです。

顔には出さないでしょうが、心の中では「しょうがない、ばれたか」と思っているからです。

今回2度に分けて不動産における業界用語をご紹介してきましたが、「片手」「両手」「東京ルール」といった話せば長くなる用語についてはあえて触れませんでした。

また、折を見てお話ししたいと思います。

最終更新日:2017年09月22日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。