ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
「フラット35なら大丈夫」。営業マンの言葉の真意は…?【後悔...

2017年12月21日

日刊Sumai

「フラット35なら大丈夫」。営業マンの言葉の真意は…?【後悔しない家づくり】

「フラット35なら大丈夫」。営業マンの言葉の真意は…?【後悔しない家づくり】

 

家づくりを本格的に計画し出した私たち夫婦。

一戸建てに関しての必要な情報収集を行いつつ、モデルハウス巡りをスタートします!

※ 【後悔しない家づくり】前回の記事を読む

 

いざ、モデルハウス見学へ!

kaori / PIXTA(ピクスタ)

まず基本中の基本ですが……、

ハウスメーカーや工務店のモデルハウスは、魅力的に見えるように作られています!

素敵なモデルハウスを目の前にしてテンションが上がり「必要な部分を見逃してた」なんて残念な事にならないように、

あらかじめチェックポイントを把握しておきましょう!

私も3件目くらいまでは、「素敵ー!広いー!」と内装や設備の見た目にしか注目していませんでした。

きちんとチェックしなければいけないポイントに気づいたのはモデルハウス巡りも終盤の事でした。

そして、聞き逃した事をもう一度聞きに行く……という面倒な事になりました。

そんな無駄な事をしないように、最低限チェックしておくべきポイント&注意点をお伝えしたいと思います!

 

モデルハウス見学、3つのチェックポイント!

イグのマスタ / PIXTA(ピクスタ)

モデルハウス見学で注意しておく&チェックするべきポイントは3つです!

モデルハウスはオプション満載のつくりになっている! 営業さんの対応 住宅ローンについて

最低限、この3つのポイントはしっかりと把握しておくと、後々各ハウスメーカーを比較しやすくなります。

では、それぞれ説明していきます!

 

1・モデルハウスはオプション満載のつくりになっている!

ツネオMP / PIXTA(ピクスタ)

前にも書いた通り、ハウスメーカーや工務店にとってモデルハウスは最高の商売道具です!

当たり前に魅力的に、良く見えるように作り上げられています。

しかし……!

基本の建物価格で同じものが建てられると思ったら大間違い!

各所でオプション扱いとなる仕様が含まれているので、

気になる部分は「コレは標準仕様ですか?」と聞くようにしましょう。

私がモデルハウス巡りをして多かった”標準仕様よりも良い設備になっていた部分”は

キッチンの扉(扉の種類だけでも10万円単位で金額が違います!) キッチンの天板(人工大理石はオプション金額だったりします) 壁紙(アクセントクロスや、標準より良い壁紙が使われているかなど) 窓の数(標準よりも多く窓が付いていると、家全体が明るくて良い印象になります) 洗面台の幅(標準より立派な洗面台が付いている)

などなど、今思い出せるだけでもこれくらいあります!

実際家づくりをスタートして、「コレはオプション金額がかかります」「アレも追加で費用がかかります」と、

想定以上に費用が膨らんでしまわないように、あらかじめ必要なオプション設備やその費用は把握しておきましょう!

 

2・営業さんの対応

家を建てるとなると、一戸建てが完成するまで長い付き合いになるハウスメーカーや工務店の営業さん。

そんな営業さんの”人柄”は意外に重要です!

”しっかりと責任を持って、最後まで家づくりを行ってくれるか”はとっても大切!

担当の営業さんによって、家の完成度は左右されます。

実際に、私のブログの読者さんからも多く寄せられるのが……

営業さんが頼りない ミスやトラブルが多い ”報・連・相”がなく、勝手に決めてしまう

などなど、の相談。

営業さん絡みのトラブルやストレスって想像以上に多いんです!

ですので、少しでも対応に不安があれば営業さんを変えてもらうなど、最初のうちに対策を取るのがおすすめです!

 

3・「フラット35なら住宅ローンも大丈夫です!」の本当の意味

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

モデルハウス見学に行くと、年収・頭金・職業・予算などを聞かれます。

これは、まず”この人をお客さん扱いするかどうか”を見極めるための必須項目です。

年収や頭金が分かれば、どれくらいの住宅ローンが組めるかは一目瞭然。

十分な住宅ローンが組めそうであれば、丁寧に接客してくれるはずです。

我が家の場合、夫は転職して半年。

転職1年目なので年収も低い、頭金だけはあるのが唯一の救いでしたが、そんな我が家はお客さん扱いされない所もありました。

TOSHI / PIXTA(ピクスタ)は

そして、そんな年収の低い私達が決まって言われるのが「フラット35なら住宅ローンも大丈夫です!」という言葉。

「なんだ、ちゃんと住宅ローン組めるじゃない」と思ったら大間違いです!

”自らの選択でフラット35での住宅ローンを選択する”という場合はなんの問題もないですが、

”フラット35でしか組めない”というのは少々危険です。

「あなたの経済状況では銀行はお金を貸してくれないので、フラット35で住宅ローンを組みましょう!」と言われているようなものです。

売る側は住宅ローンさえ組めれば良いので、”借りた住宅ローンを支払っていけるかどうか”は二の次です。

無謀な住宅ローンでもいいので、とにかく住宅ローンを組んで欲しいのが本音です。

この住宅ローンについては、話すと長くなるので改めて詳しくお話ししたいと思いますが……。

モデルハウス見学の際に、「フラット35で住宅ローン通りますよ!」と提案された場合、

我が家と同じく「住宅ローン厳しそう」と思われているということです。

その辺りのお金の話についても、きちんと話を聞いておきましょう!

 

モデルハウス見学で見えてくる色々な現実…!

taa / PIXTA(ピクスタ)

今回はモデルハウスの見学についてお話ししてきましたが、お察しの通り、我が家は住宅ローンが非常に厳しい状態でした!

よく転職1年目で一戸建てを購入出来ると思ったな、と今になるとビックリします。

モデルハウス見学で、”住宅ローン”という大きな壁があることを思い知らされた私達夫婦。

次回は、そんな我が家のお金事情や住宅ローンについてお話ししたいと思います!

 

※ 【後悔しない家づくり】前回の記事を読む

最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。