ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
家計簿は「安心」するためにつける!? 長続きのコツは…「へそ...

2018年01月12日

日刊Sumai

家計簿は「安心」するためにつける!? 長続きのコツは…「へそくり」!

家計簿は「安心」するためにつける!? 長続きのコツは…「へそくり」!

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

 

tabiphoto / PIXTA(ピクスタ)

家計簿って、どうしてつけるんだと思いますか?

月々どのくらいお金を使っているかを把握するためだ、

と思っている人が大多数だと思いますがそうではありません。

前回もお伝えしましたが、家計簿は「不安だから」つけるのではなく、

「安心するために」つけるのです。

過去に自分がどれだけ使ってしまったかを反省するためにつけるのではありません。

使ってしまったお金は返ってこないし、それに頭を悩ませるなんて時間の無駄です。

家計簿をつけるのは、予算を立てるための資料を作るようなもんです。

そう、過去に目を向けるのではなく、未来の準備をするためなのです。

 

 続けるコツは「毎月の絶対貯金額を決める」

前回、家計簿の「始めるコツ」を記事にしました。

ライフイベント表を作成してみると、家族のためにがんばってお金を貯めないと!

とやる気がムクムク出てきますね。

そこで今回は家計簿を「続けるコツ」「楽しむコツ」をお伝えしようと思います。

家計簿をつけ始める前に、まず毎月の貯金額の予算を決めます。

本当は食費や光熱費などそれぞれに予算を立てるほうがいいのですが、

まずは貯蓄額だけでいいです。

お金の貯まらない人の典型的な行動パターンは、

月の最後に余ったお金を貯金にまわすことですが、その方法ではうまく行きません。

お金というのは、あればあるほど使ってしまうものだからです。

毎月お金が入金されたら生活費を引き出す前に、まずは貯金分を別の貯蓄用通帳に移してしまいます。

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

これでOK。

私はこれを「絶対貯金」と呼んでいます。

その日はさっそく家計簿に貯金額を記帳してください。

毎月確実に貯まっていく貯金を家計簿で確認することができ、モチベーションが保たれます。

同じ額、というのが意外にポイントなんです。

最初はきついと思っていた貯金予算額が、習慣化することでハードルが徐々に下がってきます。

あとは残ったお金で月々のやりくりをするだけです。

 

ライフイベント表から絶対貯金額を設定する

では絶対貯金額をどうやって決めるかですが、

最初に作成したライフイベント表からイベント毎に必要となるお金がいくらになるのか洗い出してみます。

もし具体的な金額がわからない場合は、

ネットなどで「教育費シュミレーション」や「老後に必要なお金」などで検索して、

自分のライフスタイルに合う額を見つけてみてください。

トッチィー / PIXTA(ピクスタ)

合計するとかなりの金額になるのでちょっと怯みますが、

それを貯められる期間の年数で割ります。

さらにそれを1年・12ヶ月で割っていくと毎月の貯金額が出てきます。

例えば、今40歳の人が65歳までに3000万円の老後資金を貯めたい、となると

(3000万円÷(65歳-40歳))÷12ヶ月=10万円

毎月の絶対貯金額は10万円になります。

退職金や遺産などが入ってくる予定のある人は、もっと低い額で済む場合もあるでしょう。

教育費なども同じように計算してみてください。

CORA / PIXTA(ピクスタ)

コンスタントに絶対貯金額を貯められるようになってきたら、

次は絶対食費、絶対日用品費、絶対光熱費なども決めてしまえば、

家計簿つけはもっと充実したものになります。

「絶対」なんかつけてカッコつけていますが、

要はそれぞれに予算を立てるということです。

 

「楽しむコツ」はへそくりを貯めること

さて最後は「楽しむコツ」です。

それはヘソクリ作りです。

naka / PIXTA(ピクスタ)

これぞ家計簿の醍醐味だと私は思っています。

ここでも予算を立てることが必須となります。

遅くなりましたが家計簿をつける真意は、実はここにあるんです。

家計簿というのは「家計の予算を立てるため」につけるんです。

残りのお金ばかりを気にするから、不安になる。

逆にはじめから決まったお金(予算)があると、安心できます。

私は絶対貯金の他に、絶対食費や絶対日用品費を設けています。

dawn.k / PIXTA(ピクスタ)

つまり(しつこいようですが)予算を項目ごとに立てています。

毎月の食費は5万円。

日用品費は1万円。

光熱費は27000円などなどです。

設定した予算以上は使えないので、あらかじめちょっと多めに予算計上しておきます。

例えば我が家の食費は月に5万円ですが、11月の食費は38970円で済みました。

運動会やクリスマスなどのイベントがない月は、食費が抑えられますからね。

でも月の絶対食費は50000円ですから50000円-38970円=11030円の差額ができます。

これがへそくりになります。

光熱費や交際費なども、この方法でへそくりが貯まっていきます。

我が家の場合は、年に20万円以上も貯まるんですよ!

amadank / PIXTA(ピクスタ)

これといった努力もなく、いつの間にかへそくりが貯まっていて嬉しくない人はいないですよね。

いかがでしたか?

2018年は家計簿をつけるぞっ!

と張り切っている方は是非参考にしてみてください。

最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。