ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
年収300万円で借り入れできた住宅ローンは…年収の7.5倍!...

2018年02月05日

日刊Sumai

年収300万円で借り入れできた住宅ローンは…年収の7.5倍!【後悔しない家づくり】

年収300万円で借り入れできた住宅ローンは…年収の7.5倍!【後悔しない家づくり】

 

前々回、年収300万円の我が家が「住宅ローン落ちます」と言われたお話をしました。

その後、住宅ローンの審査を受ける事ができ、住宅ローンの仮審査にも無事通りました!

でも一体、年収300万円の我が家がどれくらいの借り入れができたのか?

毎月の返済額は、住宅ローン地獄になるような金額ではないのか?

今回は、我が家のお金事情をご紹介したいと思います!

 

※ 【後悔しない家づくり】過去の記事を読む

 

住宅ローン仮審査通りました!

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

実際に住宅ローンの審査を出したのは2社でした。

あらかじめ銀行と営業さんが話をして、通りそうな2社に審査を出した、といった感じです。

「金利や優遇が良い方の銀行が良い!」という選択肢は、当時の我が家には皆無。

とにかく、借りられる銀行が限られていました。

そして、2社に住宅ローンの仮審査を申し込んだ結果、無事に2社からOKの返事をいただきました!

この時の喜びといったら、忘れられないですね(笑)。

「住宅ローン落ちます」と言われてからの審査OKだったのでかなり嬉しかった事を覚えています。

TAKA / PIXTA(ピクスタ)

こうして、無事住宅ローンの仮審査が通ったので、本格的にお家づくりが進められるわけです。

ちなみに、住宅ローンは仮審査に通れば、よっぽどの事がない限り本審査で落とされる事はない様子です。

ですが、念のため本審査までに注意する事として、

クレジットカードは作らない クレジットカード払いはしない スマホの買い替えはしない 事故などを起こさない

という事を言われました。

念には念を……だとは思いますが、万が一の事があると困るので、我が家は全てきっちり守りました!

 

年収300万円で借りられた金額は…2,200万円!

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

さて、気になるのは借り入れ可能な金額です。

年収300万円で、いっぱいいっぱいの借り入れをお願いして、審査に通った借り入れ額は2,200万円でした!

年収に対して、決して少ない額ではありません。

安全な住宅ローンの借り入れ額は”年収の約5倍”と言われていますが、我が家の場合「年収の約7.5倍」です!

この借り入れ可能額に関しては、そのお宅の経済事情にもよると思いますが、安易に「借りれてラッキー!」という額ではないですよね。

住宅ローンは借りたら終わりではなく、当たり前ですが返済しないといけませんからね!

でも、実際マイホームを計画する前は「住宅ローンなんていくらでも借りれるもの」と思っていたのが恐ろしい。

世間知らずの、とんだ勘違い野郎でした……。

 

結局のところ毎月の返済額は…約6万円

Good morning / PIXTA(ピクスタ)

2,200万円の住宅ローン、35年返済です。

もちろんボーナス払いは無し!

金利は変動を選びました(変動を選んだ理由はまた改めて……)。

住宅ローンを組んだ当時の金利は0.7%程でした。

この時点で、毎月の返済額は約6万円でした。

ちなみに、現在も金利に大差なく毎月の支払いは約6万円です。

年収300万円だと、毎月の給料の手取り額は20万前後です。

20万円から住宅ローンを差し引くと、残りは14万円。

やはり、年収の7.5倍の住宅ローンは結構厳しいです。

タカス / PIXTA(ピクスタ)

我が家は共働きなので、ここに私の給料は含まれていませんが、やはり夫一人の給料でもなんとかやっていける金額でないと、将来的に不安です。

そう考えると、年収300万での毎月の支払い6万円はギリギリのラインではないでしょうか……?

我が家の場合は夫が転職1年目ということもあり、年収はこれ以下にはならない最も少ない状態でした。

現在は年収も上がってそれなりに余裕がありますが、これ以上の住宅ローンを組まなくて良かったと感じます。

もし、住宅ローンが3,000万円借りられていたら借りてしまっていたと思います。

「2,200万円しか組めない」という状況は、よくよく考えると我が家にとっては良かったと思っています。

住宅ローンを借りられるだけ借りてしまうと、あとあと厳しくなる可能性もあるので注意が必要ですね。

 

金利はまったく同じ。決め手になったのは…ガン特約だった!

bee / PIXTA(ピクスタ)

余談ですが、2社から住宅ローンの審査OKが出ましたが、どちらか選ぶ必要があります。

金利は両社ともにまったく一緒だったのですが、銀行によってついてくる”優遇”の内容が少し違いました。

2社の住宅ローンの優遇の違いは、”ガン特約”でした。

”ガンと診断され、一定の基準を満たすと住宅ローン返済の必要がなくなる”という保証です。

(この”ガン特約”は銀行によって基準が少しずつ違うので、選ぶ際は注意が必要です!)

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

そして、両者の違いは、

A社→ガン特約を無料で付けてくれる(通常は0.2%上乗せ) B社→ガン特約は金利に0.2%上乗せで付けられる

ということだったので、もちろん、まったく同じ条件でガン特約を無料で付けてくれるA社を選択しました。

銀行によって、特約の内容も上乗せ金額も違ってくるので、特約が必要であればきちんと比較する事は必須です!

そんなこんなで、無事住宅ローンの仮審査に通った我が家。

いよいよ、本当にお家づくりをスタートさせる事が出来るようになりました!

次回からは、いよいよお家づくりのあれこれ、

間取りについて 内装について 外装について オプション料金について

などなど、細かくお話していきたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

※ 【後悔しない家づくり】過去の記事を読む

 

最終更新日:2018年02月05日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。