ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
狭小地でも南向き角地はマスト?【新宿に建売住宅の値段で注文住...

2018年07月13日

日刊Sumai

狭小地でも南向き角地はマスト?【新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます】

狭小地でも南向き角地はマスト?【新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます】

こんにちは。新宿に注文住宅を建てて暮らしている鳥と申します。

庶民にとって人生をかけた買い物なのに適当なことを言うR社社長、職人気質が感じられない設計士保奈美(40代半ばだと思われる女性設計士さん)との家づくりで、気持ちが萎え萎えの鳥夫婦です……。

土地の諸条件

今回、鳥夫婦が契約した土地は、

約20坪 北側接道(北向き) 北側以外は全方位が隣家に囲まれている

という住宅密集地の狭小地です。

1階の陽当りなど期待できません。いわゆる「ヨンパチの東南角地」等を希望される方々からは、敬遠される物件でしょう。

でもありがたいことに(?)鳥夫婦は陽当たりや角地にこだわりがありませんでした。

人それぞれの好みでしょうが、鳥夫婦が譲れなかったのはとにかく立地!

陽当たりが悪い・狭小3階建て・隣家が近い・旗竿地などは、とにかく立地さえ好みであれば気になりませんでした(でも極端すぎて資産価値が低いのはNGです)。

 

狭小地でも南向き角地って良いものなの?

日本人は南向きを好むのため、北向きの土地やマンションは価格が安く設定されますよね。

北向きでも全くかまわなかった点も、鳥夫婦が安く土地を手に入れられたポイントだったと思います。

新居は、3階南向きの一番良い部屋をパソコン部屋としたのですが、明るすぎて眼やフローリングを傷めるので、日中はブラインド閉めっぱなしです。

結果として、窓をたくさん作った北向きリビングよりも暗くなっています。

また狭小地となると、南向きの土地は(北側斜線のため)家が半地下になってしまうケースもあります。

土地探しをしている時期、ある仲介業者さんから、

昨今のゲリラ豪雨で、半地下の家の被害が増えているんですよ。だから弊社としては半地下の物件を積極的にはお勧めしていません」

と教えてもらいました。

それ以来、カビ恐怖症の鳥夫により「半地下は対象外」となりました。

あと角地も、狭小地の場合はデメリットになりえます。

家のすぐ横が道路になるので、窓から通行人の気配がするでしょうし、散歩中のお犬様にマーキングされるリスクがあります。

ということで、狭小地の場合は一概に「南向き」「角地」が良いとは限らないと思っています。

それでも、鳥夫婦が購入した土地と同時分譲された南向き角地は、鳥夫婦の土地よりも坪数も少なく・変形地・家は半地下という条件にも関わらず、土地代が15%も高く設定されていました。

日本人の「南向き信仰」が良く表れているなあと思いました。

 

しっかり勉強してから契約しましょう……

さて、保奈美さんとの設計の話。

3F(不安・不信・不快)に満ちた悪夢の家造りとなってしまい、「ああ、もう、止めたい、逃げたい……」と本気で思いました。

しかし、コンサルさんから「とにかく3か月間は白紙解除のことを考えずに、真剣に取組みましょう」と言われているので、なんとか踏ん張って保奈美さんと作業を続けました。

それでもやはり根本的な諦めモードは否めず……。

保奈美さんに伝えた間取図への要望は、その後の注文住宅の建築士さん相手に伝えたことの30分の1ぐらいでしたかね……。

でもこの状況って、別にR社や保奈美さんが悪いことをしているわけではなく、R社の今回のサービスと鳥夫婦のニーズが合っていないだけなんですよね。

強いて言えば、家づくりの勉強もせずに無知な状態で建築条件付きの土地契約をしてしまった鳥夫婦の責任です……。

いや……。

そうではないな……。

ほら、あの場には、悪意(法律用語)の第三者がいたじゃないか……。

そう。

営業Sさん、お前だーーーー!!

Sさんなら「鳥夫婦の要望的には建築条件付きではない」とわかっていたはず

にもかかわらず、そのことを鳥夫婦に教えてくれないまま契約させました。

マイホームは人生にダメージを与えかねない高額な買い物なので、ほんと自分たちが勉強して身を守らないといけません……。

(でもSさんには後々良い仕事をしてもらえることになるので、恨んでいません・笑)

そして、この打合せの数日後、保奈美さんからメールで最新の間取図が送信されてきました。

その間取図をコンサルさんに転送して見てもらったところ、「いろいろ質問や伝えたいことがありますので、電話で打合せを」という返信が送られてきました。

(鳥)

 

■この連載の一覧を見る■

最終更新日:2018年07月13日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。