ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
ハウスメーカーで家を建てるメリットとデメリットとは?【ハウス...

2018年09月19日

日刊Sumai

ハウスメーカーで家を建てるメリットとデメリットとは?【ハウスメーカーに5年勤めて分かった!】

ハウスメーカーで家を建てるメリットとデメリットとは?【ハウスメーカーに5年勤めて分かった!】

「注文住宅で理想のマイホームを建てたい」と思ったときに、設計事務所にお願いするのか、工務店にお願いするのか、ハウスメーカーにお願いするのか――。さまざまな選択肢があるため、どこにお願いしようかとても悩みますよね。

その中でも、ハウスメーカーで建てたいという方は多いのではないでしょうか?

メーカーによってはたくさん広告で保証やアフターサービスを謳っているため、なんだか安心できそうな気がしますよね?

ですから、逆にハウスメーカーで建てることのデメリットも気になると思います。

そこで今回はハウスメーカーにしぼって、ハウスメーカーで建てることの「メリット」「デメリット」をご紹介していきたいと思います。

ハウスメーカーで家を建てるメリット

メリット1. 相談したいことをほとんど1社にまとめられる

cba / PIXTA(ピクスタ)

家を建てるには、いろいろなことを検討する必要があります。

建物の間取りやインテリアだけでなく、資金計画や土地を所有していない人は土地探し、なかには相続税対策など、ひとりではなかなか解決できないものばかりです。

なので、専門家に相談しなければいけませんよね。

ハウスメーカーであれば、資金計画は、そのメーカーの付き合いのあるファイナンシャルプランナーに相談したり、土地探しだったら不動産部門など、トータルで相談できます。

建てると決めたメーカー1社で、さまざまな相談ができるのは、手間がかからずとても便利ですよね。

 

メリット2. ZEHなどの最新の家を建てやすい

pixelcat / PIXTA(ピクスタ)

最新の技術や設備を積極的に取り入れているため、ZEHなどの家に比較的簡単にすることができます。

さらにメーカーによっては、最新の家にすることによって補助金をもらえることがあるので、お得に取り付けられます。

エコや最新設備などに興味のある人は、ハウスメーカーで建てることにメリットがあります。

 

メリット3. 将来的に売却しやすい

TATSU / PIXTA(ピクスタ)

最近では空き家問題がニュースなどでもたびたび取り上げられていますよね。

空き家問題にはさまざまな要因や時代背景がありますが、中古住宅として売れないため、解体する費用と更地にしてしまうと固定資産税が上がることを懸念して、結果的に放置されてしまっていることも大きな要因のひとつです。

その中古住宅の流通を活発にするために発足されたのが「スムストック」です。

スムストックに加入することで、将来転勤やライフスタイルの変化などで自宅を売却する必要が出た際に、住宅の価値をしっかりと審査してくれます。

これはスムストックに加入しているハウスメーカーに限りますが、保証の長さなどから、住宅の価値を保つことができるのです。

 

ハウスメーカーで家を建てるデメリット

デメリット1. 自由設計も言いつつ、間取りに制約がある場合も

ふじよ / PIXTA(ピクスタ)

一概には言えませんが、ハウスメーカーの場合、1階と2階の壁がしっかり乗っているか、耐震性的にこの壁を外して大丈夫か、といったことを特に重要視しているので、間取りの制限が出てきてしまう場合もあります。

 

デメリット2. 担当者との相性が重要になってくる

cba / PIXTA(ピクスタ)

ハウスメーカーはたくさんの営業マンや設計士がいます。

ですから、会社の良し悪しというよりは、担当するスタッフによって良い家づくりができるかどうか左右されてしまいます。

どうしてもそのメーカーで建てたいけれど、担当するスタッフと合わないと感じたら、担当者を変えてもらうことも可能です。

その会社の商品も大切ですが、良い家づくりするには、自分たちの要望を理解してくれた上で提案してくれるスタッフとつくっていくことが大切です。

 

デメリット3.しっかり保証内容を確認しないと損をするかも?

TATSU / PIXTA(ピクスタ)

ハウスメーカーの良さは、独自の保証体制をとっていること。

だから、何かあったときも安心できるようにと、高い金額をかけてでも購入される人もいるかと思います。

よくある「耐久性〇〇年」などの文言に惑わされてしまい、長持ちする家だと勘違いしてしまう方が多いようです。

大切なのは「〇〇年保ちます」や「耐久性が〇〇年」ではなく、メンテナンス費用などが具体的に載っている資料でしっかりと説明してもらうことです。

それを知らずに建ててしまうと、後悔するケースもあるかもしれません。

 

まとめ

SIBOK18 / PIXTA(ピクスタ)

ハウスメーカーで建てるメリットとデメリットをご紹介しましたが、いかがでしたか?

何を選ぶにも良し悪しは当然あります。

ハウスメーカーを選ぶ理由はさまざまですが、やはり安心感や信頼感で選ぶ方が多いのではないでしょうか?

ですのから、デメリットをしっかりと考慮しつつ、検討されることをオススメします。

 

【参考】

※ SumStock スムストックのメリット

最終更新日:2018年09月19日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。