ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
震度7級の巨大地震が起きた!「屋内」「屋外」でまず何をすべき...

2018年09月19日

日刊Sumai

震度7級の巨大地震が起きた!「屋内」「屋外」でまず何をすべき?

震度7級の巨大地震が起きた!「屋内」「屋外」でまず何をすべき?

いつ、どこで発生するか予想や予知が困難な巨大地震。

9月6日の午前3時過ぎ、北海道を最大震度7の巨大地震が襲い、北海道全土に甚大な被害をもたらしました。

もしある日突然、自分が住んでいる地域が巨大地震に襲われたら、まず何をすべきなのか、またどう行動すべきなのでしょうか?

緊急地震速報が流れたら、まず「屋内」「屋外」でやるべきこと!

Studio Right / PIXTA(ピクスタ)

テレビやスマホなどから緊急地震速報が流れたときや、実際に強い地震を感じたとき、まずは冷静に行動することを心掛けましょう。

Flatpit / PIXTA(ピクスタ)

地震が発生したとき、一番重要なのは身の安全確保です。

では「屋内」「屋外」にいる時に、どのようにすればいいのかをお教えしましょう。


屋内1. 自宅にいるとき

自宅などの屋内にいるときは、出口の確保も大事ですが、慌てて外に飛び出すと危険です。

丈夫な机やテーブルなどの下にもぐり、揺れが収まるのを待ちましょう。

しげぱぱ / PIXTA(ピクスタ)

調理や暖房で火を使っているときは火の始末が大事です。

TAKA / PIXTA(ピクスタ)

しかし、火元から離れている場合は無理に火を消しに行くとケガをしたりすることもありますので、揺れが収まるのを待ってから火の始末をしましょう。

 

屋内2. 大型の商業施設や公共施設にいるとき

商業施設や公共施設にいる時はまずは周りを確認し、照明などが落下してこないような場所で安全な姿勢を取り、揺れが収まるのを待ちましょう。

YNS / PIXTA(ピクスタ)

ただし、従業員や係員から避難の指示があれば、それに従いましょう。

自宅にいるときと同様に出口の確保も大事ですが、出口や階段などに人が殺到してしまうと事故も起こりやすくなりますので慌てず避難することを心掛けてください。

MAA / PIXTA(ピクスタ)

 

屋外1. 都市部にいるとき

強い揺れが起きると、ビルの窓ガラスが割れて落下したり、看板や外壁の一部が落下したりする場合がありますので、そのような建物から離れるようにしましょう。

G-item / PIXTA(ピクスタ)

また、高さのあるブロック塀や自動販売機なども転倒する危険がありますので、できるだけ離れるようにしてください。

dorry / PIXTA(ピクスタ)

白熊 / PIXTA(ピクスタ)

 

屋外2. 郊外、崖の近く、山間部にいるとき

今いる場所が、近くに崖等があったり、高低差のある地形・地域だった場合は、土砂崩れの危険がありますので、速やかにその場所からできるだけ離れてください。

HAKU-№1 / PIXTA(ピクスタ)

特に、雨が降ったあとは地盤が緩くなって土砂崩れが起きやすくなっている場合がありますので注意が必要です。

どん兵衛 / PIXTA(ピクスタ)


エレベーターの中

エレベーターのシステムによっては強い揺れを感知すると、自動的に最寄り階に停止するものもありますが、自動停止しないエレベーターもあります。

その場合はすぐにどの階でもいいのでボタンを押して、停止した階ですぐに降りてください。

EKAKI / PIXTA(ピクスタ)

 

大きな揺れが収まったら、まずやることとは?

大きな揺れが収まったら、まずは周りの状況を確認しましょう。

EKAKI / PIXTA(ピクスタ)

屋内にいる場合は、誰か閉じ込められている人はいないか、ケガをしている人はいないか、建物の壁や柱、土台などの損傷はどうかなど、周りにいる人と声を掛け合いながら確認してください。

もし、自分が閉じ込められてしまっているなら、笛を鳴らしたり音が出るものを叩くなどして、自分の存在を知らせましょう。

masa / PIXTA(ピクスタ)

 

自宅から避難するときの注意ポイント

自宅建物が損傷し、倒壊の危険性を感じたり、通常の生活が送れないような状態になってしまった場合、自宅から避難所などに避難する必要があります。

あきたん1116 / PIXTA(ピクスタ)

その時は火事や漏電、爆発事故などの二次被害を予防するために、火元の確認や電気ブレーカーを落としてから家を出るようにしましょう。

Satoshi KOHNO / PIXTA(ピクスタ)

玄関先や道路に面した壁などに、避難先などを書いたメモ紙を張り付けておくと、自分や家族の所在を明確にするだけでなく安否確認にもなります。

また建物が倒壊する危険性を感じたら無理をせず建物に入らないようにしましょう。

一本木 / PIXTA(ピクスタ)

避難する場合には最低限持っていきたい水や食料品、衣類、日用品などがあると思いますが、緊急の場合は持ち出すのを忘れてしまうこともあります。

なので、持病がある場合の薬、乳幼児がいる場合はミルクや哺乳瓶、メガネなど、それがなければ日常生活に重大な支障をきたすようなものは物については日頃から持ち出しやすい場所に置いておくなどの備えをしておきましょう。

kaka / PIXTA(ピクスタ)

日頃から防災用品を揃え、非常持出品の準備をすることはとても大事。

それと同時に、いざというときは具体的にどんな行動をすればいいのかもしっかり頭に入れておきましょう。

 

【参考】

※ 首相官邸 防災の手引き~いろんな災害を知って備えよう~

※ 一般財団法人 日本気象協会 トクする!防災 避難の心得 地震編

最終更新日:2018年09月19日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。