ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
建築条件付きの交渉シナリオ【新宿に建売住宅の値段で注文住宅を...

2018年11月08日

日刊Sumai

建築条件付きの交渉シナリオ【新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます】

建築条件付きの交渉シナリオ【新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます】

こんにちは。新宿に注文住宅を建てて暮らしている鳥と申します。

不満だらけの建築条件付き工事請負契約を「300万値引きしてくれるなら契約しよう」と腹をくくった鳥夫婦ですが……。

急に善人サイドに回りやがったコンサルさん

そして翌日、コンサルさんから以下のようなフォローメールが届きました。

************************************************ 昨夜の電話は厳しい内容になってしまいましたが、どうぞお許しくださいませ。

あれから今後の交渉についてずっと考えておりましたが、やはりいきなりの大幅値引き要求は避けられた方がよろしいように思います。

お二人が譲れるところは譲っていくという姿勢を見せ、「もうこれ以上は無理」となった段階でお願いする、というようにされませんか?

家づくりの仕方や品質は抜きにして、彼らは彼らなりにやっていると思いますし、こうしてお付き合いくださっているわけですから、歩み寄りの姿勢は見せてあげた方が……。

仮に契約まで至らなかった場合でも、鳥ご夫妻のことを「(彼らに言わせれば)無理難題を言い、結局大幅値引き要求してきたお客」というようなイメージを持っていただきたくないということもあります。

鳥夫さんがおっしゃっていたように、家づくりに対する考え方や姿勢の違いが少しずつ明らかになってきたわけですし、こうして家づくりについて学ばせていただいているわけですから、最後まで誠意を持って進めていただけると私も救われます。

なお、私は現時点でも「気に入られている土地ですから、できれば手に入れていただきたい」と思っております。

どこでどんな業者とお建てになろうが、最後は予算に合わせなければなりませんから、優先順位にしたがってお決めいただければと思います。

その都度、進捗状況をお知らせくださいね!

よろしくお願いいたします。 ************************************************

正直、このメールを読んで、「えっ、今までさんざんR社に悪い印象を持つように煽ってきたのはあなただよね!?とモヤッとしました。

(読者の方々には分かりにくいかもしれませんが、急に態度を翻したという印象なのです……)

でもこのコンサルさんのメールを読んで、大幅値引きの理由をもう少し詰めようと思いました。

 

鳥夫の交渉シナリオ

そして鳥夫がこんな交渉案を出してくれました。

「(仲介業者の営業)Sさんにサポートしてもらおう。俺達が白紙解除したときの機会損失は、R社よりも仲介業者の方が大きいでしょ。最初の土地の値段もSさんが交渉してくれたしね」

それを聞いて「ナルホド!」と思いました。鳥はすっかりSさんの存在は忘れていたので。

もし私達が白紙解除しても、R社は次の客を見つければ良いだけ。

でもSさんは、今まで鳥夫婦にかけた労力がパーになる上に、また一から別の客を見つけなくてはなりません。

最悪、他の仲介業者に取られてしまうかもしれません(実際に、南向きの別区画は、別の仲介業者が客を見つけてきました)。

しかも上物の値段は、Sさんには関係ないのです。

Sさんとしては、ここで鳥夫婦に土地を決めさせたいはず!

ということで、鳥夫がSさんへ話をするシナリオを詰めてゆきました。

 

いよいよ決意の時

そして数日後、鳥夫から鳥に、最後の指令が出ました。

************************************************ Sさんに、23日18時でアポイントをとってもらえる? ************************************************

与えられた状況のなかで、こうして最大限あがきながらも、内心「無理だろうな」という気持ちがありました。

人は日々、生と死を繰り返していると言います。

「もう少しで大好きな新宿くんとの日々も終わるんだな」と思うと、切なかったです。

建築条件付きに迷い抵抗した私達は、もうすぐ死を迎える。

新しく生まれる私達は、どういう状態になっているのだろう?

値引きをしてもらえて、ダサい外観の家を受け入れている私達だろうか?

いや、きっと、値引きを突っぱねられ、また一から土地探しを始める私達でしょう。

でももうこんな好条件の土地には出会えないだろうな。

私達の予算では、きっと西新宿も諦めないといけなくなるでしょうね。

でも、もう、建築条件付きの土地を買うことはないけどね……。

 

あんなに感情がかき乱された設計期間中が夢だったのではないかというほど、気持ちが落ち着いていました。

最大限もがいた後、自らの手で幕引きをするとき、人は、静かな気持ちになるのかもしれません。

(鳥)

 

■この連載の一覧を見る■

最終更新日:2018年11月08日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。