ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
有名人の部屋探しでマストな条件とは?【不動産業界で19年働い...

2019年01月18日

日刊Sumai

有名人の部屋探しでマストな条件とは?【不動産業界で19年働いて分かった!】

有名人の部屋探しでマストな条件とは?【不動産業界で19年働いて分かった!】

人気アイドルグループ「NGT48」のメンバーが自宅前で暴行を受けた事件は、運営側の対応の悪さもあって様々な情報が入り乱れ、もはやカオスといってもよい状況ですが、その中でも特に「加害者グループはどうやってメンバーの自宅を特定したのか」という点が問題になっています。

顔と名前を知られた芸能人をはじめとした有名人は部屋探しも難しく、部屋探しに求められる条件も一般の方とは異なってきます。

今回は有名人が部屋探しをする際に必要とする条件を4つご紹介します。

1.オートロックとテレビモニター付きインターホン

OrangeMoon / PIXTA(ピクスタ)

筆者は世田谷区の弦巻で「億ション」の販売に従事していたことがあります。

このエリアは周辺に似たようなグレードのマンションが数多くあり、「このマンションには歌手の〇〇さんがいる」「こちらには俳優の△△さんが住んでいる」「あそこのマンションにはプロ野球の◇◇選手の家がある」と近所の住人が普通に話していました。

有名人が住むマンションはどうしても注目を受けやすく、そのためプライバシーを確保するために最低限必要なのがオートロックとテレビモニター付きインターホンです。

怪しい来訪者の場合居留守が使えることもあり、テレビモニター付きと無しとでは同じオートロックでもプライバシー確保の点で雲泥の差があります。

 

2.居住階しか停止しないエレベーター

コーチャン / PIXTA(ピクスタ)

たとえオートロックといえど完全なものではなく、外部から侵入することはそれほど難しいことではありません。

少しでも安全性を高めるため風除室の手前と奥に別々のオートロックを設け、エントランスホールに入るまでに2つの関門を突破しなければならないようなマンションも出現しています。

さらに進化したものとしてオートロックとエレベーターを連動させ、居住するフロアにしか停止しないというシステムも一般化してきました。

外部からの来訪者に対しては、エントランスでインターホンを押した住戸のフロアにしかエレベーターが止まらないため、部外者がマンション内を徘徊することを防ぐことが可能です。

 

3.リモコンシャッター付き地下駐車場

週刊誌のカメラマンから常に尾行や張り込みをされているような超売れっ子にとって絶対に必要なもので、車内に居ながらにしてシャッターを開閉して地下の駐車場に入ることができます。

このようなシャッター付き地下駐車場のあるマンションはエレベーターも地下駐車場まで通じており、一度も外部に姿を見せることなく自宅までたどり着くことが可能になります。

 

4.プライバシーを高める内廊下

PIXTOKYO / PIXTA(ピクスタ)

せっかく誰にも気付かれずにエレベーターに乗り込むことができたとしても共用廊下が通常のタイプでは外から丸見えになるため、有名人にとっては内廊下が必須の条件となります。

外廊下タイプに比べると物件数は多くありませんが、探すことはそれほど難しくはありません。

 

有名人はセキュリティの確保が一番大切

aki / PIXTA(ピクスタ)

筆者は某女性アイドル2人が北鎌倉の寺院で撮影を行っている場面にたまたま遭遇したことがありますが、ガードマンやスタッフが周囲をガチガチに固めていて近づくこともできず、また撮影しているのが誰かについても「お答えできません」という対応でした。

有名人にとってセキュリティの確保というのはそれだけ重要な問題であり、今回のNGT48のような事例はやはりとんでもない事態です。

再発防止策がしっかりと採られ、メンバーが安心して生活できるような環境が整うことを願っています。

最終更新日:2019年01月18日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。