ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
家族の悩みを家具で解決!ソファの横幅=座面の寸法ではない

2019年05月16日

日刊Sumai

家族の悩みを家具で解決!ソファの横幅=座面の寸法ではない

家族の悩みを家具で解決!ソファの横幅=座面の寸法ではない

ソファのご提案をしていてよく驚かれるのは、意外と奥行方向にスペースを必要とすることです。

一般的には、小ぶりなものでも奥行75cm程度。輸入ソファなどの大きなものでは、奥行95cmを超えるものも珍しくありません。

「ソファは横長の家具」というイメージが強いせいか、横幅については注意をする方が多いです。

しかし、奥行が意外と大きいということをまずは押さえておきましょう。

1人掛け、2人掛け、3人掛け…。結局どれがいいの?

ソファはサイズ展開が豊富な家具のひとつです。同じデザインで1人掛け~3人掛け、あるいは4人掛けまで用意されているモデルもあります。

そしてややこしいのが、例えば同じ「2人掛け」と言っても、モデルが違うとサイズがバラバラで統一されていないということ。

あるモデルの2人掛けは大人2人でちょうどぴったり。それなのに違うモデルでは、同じ2人掛けでも詰めれば3人座れそう……。

ponsulak / PIXTA(ピクスタ)

こんなことが、家具屋さんでは日常的に起こります。

ダイニングテーブルのように「一人当たり横幅何cm」という業界内での統一された基準が無いのが原因なのですが、選ぶ側としては困りますよね。

そこで、今回は目安として「一人あたり60cm程度」としておきます。これは市場に出回っている製品でも多く見られる数字で、実際に座った時に少なくとも窮屈さは感じにくい寸法と言えます。

 

寸法表記の落とし穴!「横幅=座面の寸法」ではない

WorldWideStock / PIXTA(ピクスタ)

さて、ここに「横幅180cm」と表記されたソファがあるとします。これは、何人掛けなのでしょう?

先ほどの「一人あたり60cm程度」という数字から計算すると、「ちょうど3人掛けかな?」というところでしょうか。

実は、このソファだと3人座るのは少し窮屈です。というのも、ソファの横幅というのは通常は「肘」を含んだ寸法だからです。

仮に肘の幅が12cmあったとすると、座面の横幅は以下の通りです。

「180-12×2(両側の肘)=156cm」

このサイズは、一般的に「2.5人掛け」と呼ばれることが多いサイズです。大人2人と、その間にお子様が1人座ってぴったりのサイズという感覚です。

 

3人掛けソファに実際座るのは2人?

KY / PIXTA(ピクスタ)

さて、お部屋の広さも問題なく、めでたく大きなソファを購入することに決まりそうです。

ただしここでひとつ、面白い事実をご紹介します。

筆者がお客様からよく聞くエピソードに、「どんなに横幅が広いソファでも、結局2人しか座らない」というものがあります。

TVや映画を見ようとして長時間座ると、どうしても姿勢が崩れます。

その時に体を支えてくれるのが、ソファの肘なのです。

Satoshi KOHNO / PIXTA(ピクスタ)

肘がないと、体の向きや角度を変えた時に支えがなくなり、非常にバランスを取りにくくなります。

結果としてまっすぐ真正面を向いた姿勢のまま長時間過ごすことになり、同じ姿勢を強制されるため疲労が溜まってしまうのです。

なので3人掛けや4人掛けであっても、長時間過ごす時は実質的に2人用になる可能性があることを知っておきましょう。

「それなら、いっそのことコンパクトな2人掛けでも十分なのでは?」と思いますよね。

次回は、まっすぐ座るだけではない3人掛けならではの魅力と、カウチタイプの選び方をお伝えします。

最終更新日:2019年06月05日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。