ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
ダイソー「あっ!穴が…くつ下用補修布」で靴下の寿命が延びた

2019年07月01日

日刊Sumai

ダイソー「あっ!穴が…くつ下用補修布」で靴下の寿命が延びた

ダイソー「あっ!穴が…くつ下用補修布」で靴下の寿命が延びた

いつの間にかあいてしまった「靴下の穴」。みなさんは、「針と糸で穴を繕う方法」で穴をふさいでもう一度履く派ですか?

ダイソーの「あっ!穴が…くつ下用補修布」を使えば、アイロンで簡単に補修ができます。 穴があく前に「補強」しておくことで、靴下の寿命を延ばすことも出来ますよ。

ダイソー「あっ!穴が…くつ下用補修布」って?

小さなお子さんをお持ちの方や、ご家族でスポーツをされる方など、いつの間にか「靴下に穴があく」ってこと、ありますよね?

特に「親指の先」に穴があくことが多いです。

靴下を長く履き続けるとありがちですが、まだ新品の靴下でも、足の爪が伸びていたり、靴が足のサイズに合っていないと、たちまち穴があいてしまいます。

ダイソー「あっ!穴が…くつ下用補修布(アイロン接着タイプ)」100円(税抜) 8×8㎝の布(3枚入り)黒、紺、白の3色

こちらがダイソーの「あっ!穴が…くつ下用補修布(アイロン接着タイプ)」。

裏面にはアイロンの熱で溶かして接着させる、ポリアミドが点状に付着しています。多少の伸縮性がある綿100%の布です。

ダイソー靴下用補修布の使い方

1.靴下を裏返し、補修布をカット

靴下を裏返しにします。穴が小さくなるように、靴下の繊維を指で中央に寄せておきます。

穴のサイズよりも大きめにカット。後の履き心地に影響するので、大きめにカットしておくことをおすすめします。

ポイントは角を作らないように「丸く切る」こと。布が剥がれにくくなります。

2.アイロンでプレス

接着面を下にして、穴をふさぐように布を置きます。

アイロンは「中温で15秒」です。アイロンを動かさず、靴下に押し付けるようにしてかけましょう。

しっかりと接着されています。爪で擦ったぐらいでは簡単に剥がれません。

片方だけなら5分もあればできそうです。簡単に靴下の穴を補修できました。

「補修後の使用感」と「洗濯後の靴下の様子」

右が補修後です。どうです?穴があったなんてわかりませんよね?

少し毛羽だったように見えますが、目を凝らさないとわからないレベルです。

ダイソーの「靴下用補修布」の良い所

簡単に出来る 特にコツは必要なし 生地が突っ張らない 時短できる 糸で補修したときのような玉止めができない

履いた時に全く違和感がないわけではありませんが「少し靴下に厚みが出たかな?」くらいです。

針と糸で繕った時にできる「玉止め」ができないので、指先にあたってしまう不快感がありません。

2回洗濯してみましたが、布は剥がれませんでした。

お高めの靴下こそ「補強」で寿命を延ばす

「靴下の穴を補修して使う」。ちょっと辛抱している感じが出てしまうでしょうか?

「3足1,000円の靴下に労力をかけたくない!」気持ちはわかりますが、「お高めの靴下」ならどうでしょう?

我が家にはサッカー少年がおります。指定のソックスのため、穴が空いても近所で簡単に買い足しが出来ません。

ほら、もうすでに「親指に穴あきの兆候」がみえますね。1足2,000円也……。

そんな「なるべく穴を開けたくない」ソックスをお持ちの方は、ダイソーの「靴下用補修布」を使って、靴下の寿命を延ばしませんか?

履いた時の違和感を親指だけに感じにくいように、指先全面を補強。

「これで靴下の寿命は2倍ぐらいに伸びたかな?」と推測します。

「穴をあけてなるものか!」と、穴あきを未然に防ぐため、いっぺんに補強活動しました。

補修布の色は「黒・紺・白」のみ。赤はないので黒を使いました。裏返してみても色の違いが分かりません。

白い靴下に黒の補修布を使ってみましたが、厚みのある靴下なら問題なさそうです。(すでに穴があいている「補修」の場合は異色だと目立ちますよ)

「補修」のみならず、「補強」に使えるダイソーの「あっ!穴が…くつ下用補修布」。

「補修」が手早くできますし、「補強」の場合は、ちょっとの手間かけで穴あきを予防できます。

たった100円で出来る「節約法」。これはやってみる価値、大いにありそうです。

*記事に掲載されている商品は2019年6月時点のものです。

最終更新日:2019年07月01日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。