ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
室内にウッドデッキ!?リビングに設置してよかった我が家の理由

2019年07月06日

日刊Sumai

室内にウッドデッキ!?リビングに設置してよかった我が家の理由

室内にウッドデッキ!?リビングに設置してよかった我が家の理由

一級建築士の夫と築12年の中古マンションをフルリノベーション。現在、2人の子ども、夫と4人暮らしです。 リノベーションをして、我が家で作ってよかったお気に入りポイントを紹介。

今回は、室内ウッドデッキスペースについて。

室内にウッドデッキを作った理由

リビングダイニングにかけて繋がるウッドデッキスペース

リビングにウッドデッキを作ろうと思った経緯は、庭のないマンションでも外のような、縁側のような気持ちのいい空間が欲しいという理由から。

設計事務所に依頼したところ、室内ウッドデッキのイメージはこんな感じでした。

記事1枚目の現状と変わりません。 東側に窓が多いため、一番気持ちいいスペースを全部ウッドデッキスペースにリノべしました。

ちなみに、イメージ段階では、次のような、リビングスペースのみのウッドデッキの案もありました。

ただ、せっかくなら、ウッドデッキ兼ダイニングベンチにしよう!ということで、現状の仕上がりに落ち着いたのです。

そして、腰掛けられる高さだったこともあり、ウッドデッキの下に収納を設けました。布団や使わないベビー用品などを収納しています。

ベンチ下の引き出し収納 同じサイズが3つ並んでいます

ウッドデッキ下の収納は、AV機器を目隠しに

引越しを機に壁掛けテレビにしたいと考えていたのですが、家電量販店で店員さんにオススメを聞いていたところ、壁掛けテレビはブルーレイプレイヤー内蔵型はほぼ無いとのこと!

知りませんでした!

つまり、カタログで見るような壁にテレビをかけただけのスッキリした作りにするには、見えない場所にスピーカーなどを置くスペースが必要だということ。

もしくは、テレビの下に台を設け置く。これだと、イメージしていた「壁とテレビ」のスッキリしたものにはできない……。

そこで、ウッドデッキ下の収納部分にプレーヤーやスピーカーなどを収納し、スッキリしたテレビ周りを計画。

テレビの後ろの壁にケーブルを通してもらい、ウッドデッキ下の一部をルーバーにし、リモコン操作ができるものにしています。

子どもにいじられることもなくなり、大正解でした!

○○にすればもっとよかった…

引越し早々に気がつきました。

外のウッドデッキ同様、隙間のある貼り方にしたため、細かいおもちゃ、ゴミが入ってしまいます。 気がつくと、シルバニアファミリーの食器や鉛筆が挟まっているため、ガムテープや掃除機を使って取り除いています。

できれば、隙間は無いモノをオススメします。

室内ウッドデッキの使い方はイロイロ

このウッドデッキ。普段は、洗濯物を取り込みたたんだり、来客時の荷物置き場になったり。 お昼寝マットをひいてゴロン、子どもがジャンプの練習をしたり……、イメージしてなかった使い方がいっぱいありました。

何もない空間にするよりも、部屋に高さを出すことで、さまざまな使い勝手の良さを感じています。

最終更新日:2019年07月06日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。