ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
マンション管理の裏側に潜入。 東急コミュニティー技術研修セン...

2019年07月16日

日刊Sumai

マンション管理の裏側に潜入。 東急コミュニティー技術研修センター「NOTIA」とは?

マンション管理の裏側に潜入。 東急コミュニティー技術研修センター「NOTIA」とは?

マンション購入において、多くの人が重視するのがセキュリティ面や管理への信頼。

マンションごと管理会社に委託しているケースがほとんどですが、その管理会社がどのようにマンションの管理業務を行っているかは、正直よくわからないですよね。

全国でマンション約33万戸、ビル約1,100 件管理する総合不動産管理会・株式会社東急コミュニティーは2019年5月、技術面での提案力強化や人材育成の場として「東急コミュニティー技術研修センターNOTIA」(以下「NOTIA」)を新設。

マンションやビル管理のノウハウを技術員が学べる実践的な研修センターとなっています。

本物の建物と同じ設備で管理技術を学べる「NOTIA」

5月29日に「NOTIA」メディア内覧会が行われ、防火施設の放水体験や火災報知シミュレーター、トイレの水が下水を流れる仕組みなどを体験し、マンションやビル管理のために管理会社がどのような技術研修を行っているのか見学してきました。

人為的に停電や断水を発生させたトラブルの復旧やメンテナンス、災害発生時の防災実習など、実践的な研修を行うことができる「NOTIA」。

地下1階から5階まですべてが研修センターで、ビルの中にビルが入っているような構造で本物の建物と全く同じ設備を持っています。

そのため人為的に停電や断水を発生させて復旧実験したり、よく起こる水回りのトラブルや配管のつまりの原因を確認したりと、技術員が次の現場で起きないよう学ぶことができるようになっているんだとか。

こちらは衛生設備エリア。仮設ポンプや水槽、トイレまでもがありました。

床がスケルトンになっており、トイレを使うと水がどのように流れていくのかを一目で確認できます。

また内覧会では、実際に火災が発生した時の復旧手順が公開されました。ここは管理担当者が、火災発生後の手順を身につけるために学ぶ場所。

火災発生なのか端末機器の誤作動なのかの確認、避難誘導のための非常放送や復旧作業のためのボタン手順など、何度も反復して練習することで、現場での有事の際に慌てない確かな実践力を身につけます。

マンションの管理人が学ぶ実習スペースも!

また、別館であるマンションライフ館(ML館)は、マンションの管理人(管理員)や担当者が建物の管理全般を学ぶ実習スペースになっています。

マンション居住者にとって一番身近な存在となるマンション管理員。シニアを積極的に雇用している東急コミュニティーでは、より質の高いサービスを提供するため、このように管理員の研修にも力を入れています。

こちらの建物の劣化状況を比較したコーナーでは、タイルの亀裂や鉄部の錆、手すりのひび割れなどをリアルに再現。

日々チェックしておかなければいけない建物の状況を学ぶことで、細かい点検業務、異常発生時の迅速な対応、お客様のマンションの維持保全が行えるそう。

こちらは給水設備コーナー。安全で安定した水の供給の仕組みや、点検時のポイント、管理室との連動などを実際に使われる本物の設備を使って学びます。

こうしたマンション設備の不具合や故障があった場合、もちろん管理員が修理や修繕をするわけではなく、プロの技術員による業務になります。

しかし、何かあった時に居住者が一番に頼るのが管理員。

不具合や故障があった時に頼っても、なんでもかんでも「わからない」と言われてしまえば管理員への不信感やそこに住む不安は募ってしまうものでしょう。

現地に常駐する管理員が把握しておかなければならない知識や情報、必要なマンションマネジメント、さらには居住者とのコミュニケーションについて実践を通して学ぶことで、ただ掃除などの雑務をするだけではない、居住者との良い関係を築ける管理員を育てていくことが狙いです。

ちなみに、エントランスまでリアルに再現されています!

今後はさまざまなイベントや地域交流の場として機能する予定

建物そのものの省人化や省エネルギー化などの実証実験が行われているのも、「NOTIA」の面白い点です。

こちらは、断熱性に優れた「LOW-E複層ガラス」(二重窓)と、空調負荷の低減に大きく寄与する外皮形状が施されている窓。

エネルギーロスを意識した建築仕様は、まるで“未来の建物”という感じがしますね!

こちらは防火区画の壁の仕組みやエレベーターレール、ウェイトなどがわかるように、あえてスケルトンの構造になっているエレベーター。こんなエレベーター、初めて見ました!

「NOTIA」は今後、自社技術員の研修や人材育成を図っていくとともに、地域交流の場として公開イベントなども行っていく予定とのこと。

マンションやビルの管理業務の裏側を一般人が知ることができる施設なんて、きっとこれまでなかったでしょう。これからの「NOTIA」の動きに注目です。

最終更新日:2019年07月16日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。