ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
在宅ワーカー必見!快適なワークスペース7選

2017年01月24日

SUVACO

在宅ワーカー必見!快適なワークスペース7選

在宅ワーカー必見!快適なワークスペース7選

最近はパソコンを使って、自宅で仕事をする「在宅ワーカー」が増えてきていますが、在宅ワーカーにとって最も重要なポイントは、プライベートと仕事の境界線を引くことです。そこで、仕事に集中するためにはワークスペースが必要になってくるのです。ここでは、いくつかの心地よいワークスペースをご紹介します。

白を基調とした落ち着ける空間

キッチンと同じアンティーク塗装された造作デスクと吊り戸棚。吊り戸棚と机の引き出しに、ある程度のものを収納させることができるため、スッキリとした空間の中で作業ができます。窓から入る日差しが心地よく、時折、外の景色を眺める事もできる、おしゃれなワークスペースになっています。

リフォーム・リノベーション会社:株式会社FILE「O邸」

外を眺められる空間

作業中に窓からの景色を眺められれば、ハードワークで疲れた目を草木の緑で癒し、リフレッシュすることができるでしょう。空間を無駄なく利用するなら造作家具がおすすめ。造作の壁面棚とデスクですっきりとしたワークスペースに仕上がっています。

建築家:宮田恵実「『AR-house』敷地段差を活かした2世帯住宅」

二面に窓のあるワークスペース。長く伸びた軒先で程よく日差しを遮ります。軒裏の木目と外に広がる加古川の景色が癒しを与えてくれる落ち着いた空間です。

建築家:定方三将「加古川の住宅」

部屋のコーナー部分に合わせて造作デスクを設置。パソコンを置く場所まで計算された無駄のないつくりになっています。開放感ある河川敷の景色を望めるワークスペース、バルコニーのルーバーが緩やかに外からの視線を遮ってくれます。

建築家:長浜信幸「眺めの良いルーフテラスの家」

室内窓のあるワークスペース

室内窓を設けた小部屋がワークスペースになっています。LDKから仕切られた落ち着きのある空間、外に面していなくても大きな室内窓から明るい光が差し込みます。

リフォーム・リノベーション会社:リノベの一歩(株式会社 一歩)「『NYブルックリン』」

玄関土間のワークスペース

古い町屋をリノベーションした事例。玄関を入った横にあるワークスペースなら、気分転換に外の空気を吸いにいくことも簡単でしょう。また、来客があった際も玄関横という間取りのため、プライベートスペースを見せることなく招き入れることができます。外観の格子から明るい光が程よく差し込む風通しの良い空間は気持ちよく、作業もはかどりそうです。

建築家:向井一規「『再生M』~通り土間のある町屋のリノベーション~(古民家再生)」

ハイサイドライトか明るい空間

森林に囲まれた海外のヴィラのような開放感溢れる戸建住宅。 その中二階に設けたワークスペースは、ハイサイドライトからパノラマに望める森林の緑が癒しを与えてくれる明るい空間です。デスクが吹き抜けに面していて下階を見渡すことができたり、前方の大きな開口部からはアウトドアリビングが見え、宙に浮いているように感じるワークスペースになっています。ここで作業したら大胆な新しいアイデアが思い浮かびそうですね。

建築家:矢板久明 / 矢板直子「Villa Stella」

家で仕事をする場合、ワークスペースが自分にとって快適であることは大事なポイントです。家の中のベストポジションにスペースを設けている事例もありました。集中できる、新しい発想が生まれるワークスペースができるといいですね!

最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。