ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
お部屋の印象をガラリを変える、ユニークな照明の世界へようこそ

2017年02月06日

SUVACO

お部屋の印象をガラリを変える、ユニークな照明の世界へようこそ

お部屋の印象をガラリを変える、ユニークな照明の世界へようこそ

お家で使う照明器具を購入する時、どんな基準で選びましたか?値段や明るさ、明かりの色合いなど、さまざまな基準がありますよね。もちろん機能性は重要ですが、そればかりでも面白くありません。照明もインテリアの一部として、デザインにもこだわりたいものです。そこで今回は、お部屋の中で際立つ個性的なデザインの照明をご紹介したいと思います。

郷愁をさそうレトロな明かり

最近はほとんど目にすることのなくなった、昭和レトロな風情の照明器具。浅い皿型のシェードや裸電球の優しい明かりが郷愁をさそいます。部屋を隅々まで照らさず、ほの暗く感じる光量が、古民家風の和室や寝室にピッタリですね。

古民家改修プロジェクト (建築家:木村哲也)

和モダンにマッチした個性的な照明

広々とした土間玄関の目の前は中庭を臨める大きな開口部。この開放的な空間にシンボルのように個性的な照明が使われています。多面体のペンダントライトは、開口部の黒いサッシが印象的な、直線のラインが美しい和モダンのインテリアにマッチしていますね。

平屋・回廊の家 (建築家:Takuya Hasegawa)

一度見たら忘れられないユニークな照明

ルイスポールセンの「PH アーティチョーク」は、おしゃれなインテリア雑誌などで一度は目にされた方も多いのではないでしょうか。全体が発光しているようにもみえる柔かな間接光は、薪ストーブのある北欧テイストのお部屋に上質な明かりを灯してくれます。

木立のいえ (建築家:NAOI)

昼と夜 ふたつの顔を持つ照明付き本棚

リビングの壁に大きく枝を伸ばす大樹のようなユニークな形をした本棚は、夜になると内臓されたLED光源がともり、幻想的な姿へと変わります。部屋を明るくするためではなく、面白い空間作りに照明が使われることもありますね。

ふたつの木の家 (建築家:岡本 浩)

ふたつの木の家 (建築家:岡本 浩)

満月のあかりのような照明

ニューヨークのタワーマンションにあるこちらのお部屋。フローリングにダイニングセットを置いた洋間ですが、障子を取り入れるなど、和風のしつらえになっています。天井の丸いくぼみから降り注ぐコーブ照明の光は、まるで満月のあかりのようです。

Trump World Tower NYC (建築家:妹尾正治)

クローゼットの中のキュートな照明器具

クローゼットの中に設置する照明器具は、機能性重視でシンプルなものを選ぶ方が多いと思いますが、こちらのクローゼットの照明はとてもキュートです。普段人が目にする空間には極力シンプルな照明を使い、見えないところに遊び心のある照明を使っているところに、こだわりを感じます。

New York , New York (ROKUSA)

個性的な照明器具についてご紹介しました。シンプルなのも良いですが、照明ひとつでお部屋の印象をガラリと変えることもできます。

コーブ照明や造作家具の照明のように、専門家の手を必要とするものもありますが、その場合は新築やリノベーションの際にこだわって考えたいものです。

まずは気軽に取り付けられる個性的な照明器具でお部屋の模様替えをしてみてはいかがでしょうか。

最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。