ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
クリエイティブなセンスが育つかも?!感性を豊かにする個性的な...

2017年05月15日

SUVACO

クリエイティブなセンスが育つかも?!感性を豊かにする個性的な家

クリエイティブなセンスが育つかも?!感性を豊かにする個性的な家

子供の頃、どんな将来を夢見ていましたか。次世代を担う子供たちには、いろんな経験をさせてあげたいもの。たくさんの実体験から自分の将来を見極め、社会に貢献できる人に育ってほしいですね。

環境が人を育てると言われる通り、現代はスマートフォンやタブレットの普及で、誰もがネットを通じて情報を発信できる時代になりました。日本が世界に誇るコンテンツ産業もその一例です。画像や映像を加工したり、ゲーム感覚でアプリやソフトを自作したり、将来の夢は「ユーチューバー(YouTuber)」と、語るお子さんもいるほどです。

そんなクリエイティブで豊かな感性を育む個性的な家をご紹介します。

気分はSOHO!真似っこオフィスで感性を磨く

本棚に仕切られたキッズの専用スペースです。
プライベートな空間、専用のデスク、まるでオフィスのミニチュア版のようです。ペンを持ってお絵描きしたり、絵本を広げて仕事をしているふりをしたり・・・と、大人の真似をしながら楽しむ姿が目に浮かびます。

下馬の家 (建築家:佐久間 徹)

3人兄弟の子供部屋の事例です。カラフルな椅子がデザインオフィスのような趣きです。

クリエイティブな仕事現場において、欠かせないのがチームワーク。大きなプロジェクトになればなるほど、それぞれの得意分野で役割分担をしながら仕事を遂行しかなくてはなりません。

同じ机で勉強したり、遊んだりすることで、チームワークだけでなく沢山の学びを得ることができます。

玉川上水の家 (建築家:森清敏/川村奈津子)

発想の転換で農具倉庫を民家へ

広々とした空間は、元は農具倉庫だった物件を民家としてコンバージョンしたもの。広々としたリビング、閉じこもらない子供部屋など、限られた予算の中で家主の要望を満たしたユニークな住宅です。

農具倉庫をコンバージョンした家 (建築家:AIRHOUSE)

倉庫ならではのゆとりと空間を活かし、お子さんも家族ものびのびと暮らせる理想の家。きっと、豊かな感性が育まれていくことでしょう。

農具倉庫をコンバージョンした家 (建築家:AIRHOUSE)

遊びの中から育む想像力

丸いドアと窓が印象的なスキップフロアのある事例です。
二箇所に設けられたドアは、子供たちが鬼ごっこをしたり、くるくると走り回ったりする姿が浮かびます。丸くくり抜かれた窓から顔を出しては、色々な遊びを想像することでしょう。

歯医者さんのお家 (建築家:Coo Planning/中尾彰良)

本を読んで好奇心を刺激する

子供は本が大好き。本を読むことで知らない世界を知ったり、想像を膨らませたり。たくさん読ませてあげたいもの。大容量の本棚を設け、好きな時に本を読める書斎があれば、親子で本に親しむ時間が持てます。

湖風の家 (建築家:古前極)

階段や踊り場を利用するのもいいでしょう。毎日の生活の中に本が溶け込むように本棚を設けるのも豊かな感性を育てます。

リノベーション / herbal (株式会社アネストワン)

音楽で五感を刺激する情操教育を

幼い頃から音楽や芸術に慣れ親しむことも、情操教育へとつながります。

ピアノと暮らす家 (建築家:宇野健一)

ピアノやギター、キーボードなどをリビングに置いて、お子さんと一緒に音を奏でながら、親子の時間を持つのも楽しいですね。

SU-HOUSE32 light-scape (建築家:岡村泰之)

昭和の頃は「ものづくり」と言えば、家電や自動車など、高度成長期の波に乗った商品づくりが主流でしたが、最近の「ものづくり」と言えば、ソフトウエアやコンテンツ産業が挙げられます。

何がヒットするのか、どんなモノ・コトが必要とされるのか、未来のことは誰にもわかりませんが、どんな場面においても柔軟に対応できるクリエイティブな感性を磨いておいてあげたいですね。

最終更新日:2017年05月15日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。