ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
使いやすい!魅力的なL字型キッチン事例8選

2017年05月16日

SUVACO

使いやすい!魅力的なL字型キッチン事例8選

使いやすい!魅力的なL字型キッチン事例8選

作業スペースの広いL字型キッチンは、料理が好きな方には人気の形です。シンクとコンロの距離が短く、動線に無駄がないため、作業効率を上げて短時間で調理したい方にもおすすめです。デメリットといわれるコーナー部分の使い方にも注目してみましょう。

二面とも壁についたL字型キッチン

壁付けタイプのL字型キッチンは、二面の壁にずらりと吊り戸棚を取り付けることができ、収納力があります。

コンロやシンクの前は壁になっているため、対面式キッチンと比べると油はねや水が飛び散る範囲も狭くなり、その分掃除がしやすくなります。

富ヶ谷の住宅 (建築家:山本陽一)

さらにキッチン前にダイニングテーブルを配置することで、配膳も楽になります。時には、ダイニングテーブルも作業台として活用することもできますね。

富ヶ谷の住宅 (建築家:山本陽一)

セミクローズドタイプのL字型キッチンですが、採光のために窓を取り付けても、吊り戸棚とキッチン下の収納を十分確保できるため収納場所には困りません。

コーナー部分やシンク前の壁にはハンギングバーが取り付けられているので、たくさん調理道具をお持ちの方でも作業しやすいですね。

回り階段とセミクローズキッチンで柔らかな家に (One's Life ホーム)

冷蔵庫や家電の置き方

L字型キッチンは、コンロ、シンク、冷蔵庫の動線に無駄がなく、作業効率が良いというのもメリットの一つ。

シンク後ろの冷蔵庫から食品を取り出し、作業台でカットして、コンロで加熱調理するという一連の動きが最小限に抑えられます。

また、キッチンの入り口付近に冷蔵庫があると、飲み物などを出し入れする家族との動線もぶつからず使い勝手がよいです。

NEXT VINTAGE (kulabo)

こちらはコーナー部分にオーブンレンジやトースターが配置されています。調理中にオーブンレンジを頻繁に使用する方にとっては、オーブンレンジを置くスペースがコンロとシンクの間にあると、作業中の移動が少なく効率的ですよね。
トースター前にお皿を置くスペースがあるのも盛り付けの際などには便利です。

【2×4】BOW WINDOW (GLADDEN)

背面スペースを活用

吊り戸棚のないすっきりとしたL字型キッチンの後ろには、引き戸で隠すことができるパントリーがあります。統一感の出しにくいキッチン家電もパントリー内に置けば、整理整頓された美しいキッチンを維持することができますよね。

三角の吹抜けのあるチークの家 ( 奥沢の家 ) (建築家:井東 力)

キッチン前にダイニング、キッチン後ろに和室のある間取り。L字型キッチンをダイニングと和室の中央に配置し、一部をオープンにすることで、料理をしながら家族の気配を感じることができるようになっています。
小さなお子さんが和室でお昼寝をしていても、キッチンから見ることができる間取りは魅力的ですね。

光と風、視線がとおり抜ける (株式会社クラフト)

作業台やお茶を入れて一息つけるカウンターなどを置けるスペースがあるのも便利です。引き出しのついた作業台なら、収納力はさらにアップします。

光と風、視線がとおり抜ける (株式会社クラフト)

コーナー部分のデメリットを解消するために

コーナー部分をオープンにすることで、シンク下の引き出しを使いやすくしています。オープンスペースにゴミ箱を設置すれば、見た目も使い勝手も良くなりますね。

L字型キッチンは、コーナー部分が使いづらいというデメリットがありますが、それをうまく解消した事例です。

住吉山手 戸建て (Kensuke Morimoto)

こちらのコーナー部分は収納ラックごと引き出せるようになっています。奥にあるものが取りずらいというデメリットも、これなら解消できます。

K邸 (株式会社FILE)

作業動線がコンパクトになり、スペースを広く確保できるL字型キッチンは魅力的です。最近は、コーナー部分のデメリットをうまく解消する商品も色々とあるようです。キッチンの形に悩まれている方は、L字型も検討されてみてはいかがでしょうか。

最終更新日:2017年05月16日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。