ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
あなたならどう使う?屋根裏部屋の楽しみ方

2017年07月13日

SUVACO

あなたならどう使う?屋根裏部屋の楽しみ方

「屋根裏部屋」と聞くと、なんだか秘密基地のようなワクワクする空間をイメージしませんか?でもいざ屋根裏部屋をつくってみると、何部屋にしたらいいのか…とわからなくなって結局ただの物置になってしまうケースも多いかと思います。
そこで、素敵に有意義に使われている屋根裏部屋を集めてみました!

屋根裏部屋を快適にするには

屋根裏部屋とは、屋根の裏側と天井との間に設けられた部屋のこと。通常、暗くてホコリっぽくなってしまうこの空間を部屋として使用する場合、気をつけるべき点がいくつかあります。

まず通常は屋根裏部屋には断熱材を入れていないことが多いので、外気の影響を受けやすく、夏は暑く冬は寒くなります。新たに屋根裏部屋を計画している場合は、必ず断熱材を入れることが重要です。

また、屋根裏部屋はどうしても暗く、空気もこもりがちなので、壁や天井に通風や採光を確保できる窓を設けたほうが良いでしょう。天井に窓を付けると、寝転がりながら星空が眺められるのも魅力です。

そして忘れてはいけないのが高さ。寝室として屋根裏を利用する場合でも、寝るだけだからと言って油断してはいけません。屋根が下がっている部分はかなり低く、頭がぶつかる危険性があるので、日常的に私用するためには、ある程度の高さを設けておいた方がいいでしょう。

ただし規定の高さ以下でないと容積率に含まれるので、居室としてお考えの方は、その点を考慮しておきましょう。

室町の家 (建築家:河合健之)

寝室として…

シンプルにベッドとスタンドライトだけが置かれている空間です。ゲスト用の寝室として用意しておくと喜ばれそうですね。

taura house (関 洋)

アトリエとして…

アトリエとしてリノベーションされた屋根裏部屋。天井高が165センチとかなり低めですが、こじんまりとした空間で集中してデスクワークができそうです。

『屋根裏のアトリエ』限られた空間をアトリエにリノベ (建築家:ムラカミマサヒコ一級建築士事務所)

書斎として…

屋根裏の梁と石壁がアクセントになっている落ち着いた雰囲気の書斎です。傾斜した屋根裏の低いところは大人が立てない高さですが、隠れ家のような魅力があり、アンティーク家具やオールドキリムのラグなど、好きなものに囲まれて自分だけの世界観に浸れる空間になっています。

屋根裏部屋につくった、大人のための書斎 (住工房)

読書部屋として…

本がずらりと並ぶ図書館のような空間。高さはギリギリに抑えられていますが、大きな窓のおかげで日が差し込み明るい屋根裏部屋になっています。

Y-HOUSE (建築家:上窪哲也建築計画事務所)

遊びの空間として…

梯子で登れるようになっている屋根裏部屋は、子供たちの遊び場所でまさに秘密基地のよう。あえて工事箇所は最小限に留め、子供たちがこれから自由に手を加えていけるよう配慮がされています。

ジャングルジム (建築家:ムラカミマサヒコ一級建築士事務所)

バスルームとして…

屋根裏部屋をバスルームにしています。バルコニーに面しているので明るく開放感があり、隣の洗面室には洗濯機を設置しているので家事動線も整っています。

上目黒の家リノベーション (建築家:伊藤一郎)

ハナレとして…

二世帯住宅のハナレ的な空間となった屋根裏部屋。一緒に住むお祖母様の将来を考え、こちらの屋根裏からはお祖母様の様子をうかがうことができるんです。優しくて楽しいご家族の生活が想像できますね。

『Ka-house』家を巡る楽しさのある二世帯住宅 (建築家:星設計室)

屋根裏部屋は、秘密基地のような大人もワクワクする魅力があります。物置にしておくなんて勿体無い!あなたならどう使いますか?

最終更新日:2017年07月13日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。