ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
家の「顔」!玄関を素敵に魅せるポイント

2017年08月09日

SUVACO

家の「顔」!玄関を素敵に魅せるポイント

家の「顔」!玄関を素敵に魅せるポイント

家の顔とも言える玄関。ついつい靴が脱ぎっぱなしになったり、傘が無造作に置かれていたり・・・特に家族が多いと玄関を綺麗に保つのは難しいですよね。
今回は、玄関を見直したい方に参考になる、生活感が出ない工夫がされた事例を紹介します。

一番初めのおもてなし

日本の気候は高温多湿なため、床が湿気らないように縁の下を設ける必要があります。そのため、外と家の中には段差ができるようになり、現在の玄関の形になりました。

お客様を家に招いた時、まず目にするのは玄関です。玄関が綺麗に整えられているかで、その家の第一印象が決まると言ってもいいほど重要な場所で、おもてなしは玄関から始まっているということ。いつ来客があってもきちんとおもてなしできるよう、素敵な玄関を常に保ちたいですよね。

古民家の家/Traditional Japanese House with Modern Interior (建築家:相原まどか)

ひと工夫で機能性UP!

マンションリノベーションの際に広々とした玄関土間を設けました。壁には有孔ボードが使われ、便利なオープン収納になっています。有孔ボードはどこでも簡単にフックを取り付けられるので、よく使うバッグや帽子を掛けておけて、外出時や帰宅時もスムーズです。

このようなオープン収納であれば、収納物もディスプレイのようで雑多な印象にならず、玄関をおしゃれに見せることができますね。

野遊びバルコニーURBANOUTDOOR (リノベ不動産|Three Eight)

広々とした玄関、入口付近はコンソールテーブルが置かれ、お客様をお招きするのにふさわしい雰囲気。そして入口から死角になる場所には収納スペースが設けられ、ウォークスルークローゼットになっています。

玄関に収納があると便利ですが、雑然とした印象になりがち。そんな時、表と裏の二つの顔がある玄関は、機能的で使い勝手抜群です。

【2×4】アンティーク家具の映える家 (GLADDEN)

玄関を入ると、陶芸家である施主の作品がずらり。シューズボックスや棚の上に作品をディスプレイして小さなギャラリースペースにすると、お客様との会話もはずみそうです。

宮前の家 (建築家:八島正年/八島夕子)

大切な自転車を外に置いておくのは心配・・・という方は、玄関に置くのがオススメです。こちらのように、天井から吊り下げられるようにすると場所も取らず、空間のアクセントにもなっておしゃれです。

COSTA―部屋の真ん中に自転車を吊るして (ブルースタジオ)

白い壁のシンプルな玄関。照明器具で、光と影の模様が楽しめる空間にするのはいかがでしょうか。あまり手を加えなくても、照明器具で素敵な雰囲気を演出することができます。

道三町の家 (建築家:SWITCH&Co.)

使いやすくお洒落な設計

シューズボックスを上部に設けるのは珍しいですね。下部を開放させて床面積が増えることで空間が広く見えますし、自転車などかさばるものも効率よく収納できます。

M邸-理系夫婦が実現させた「五ツ星の家」 (ブルースタジオ)

ミラー下部がくり抜かれ、フットライトとして足元を柔らかく照らします。ミラーを玄関に置くと便利ですし空間に奥行きも出ます。さらにこのようにミラーにひと手間加えると、モダンでおしゃれな雰囲気になります。

縦格子間仕切のある家 (建築家:遠藤 浩)

壁を一面、黒板塗料で仕上げています。
子供のお絵描き、家族の連絡事項や買い物メモなど、玄関が楽しく便利になります。

ワイン食堂 (nu(エヌ・ユー)リノベーション)

玄関を入ってすぐにある洗面台。これなら大人も子供も、帰宅してすぐに手を洗う癖がつきそうです。

谷町の長屋【改修】 (建築家:岩井 文彦)

玄関土間に囲炉裏があり、囲炉裏を囲んでご近所さんとおしゃべり。特にこれといった用がなくてもフラっと立ち寄りたくなってしまう、人が自然と集まる家になりそうです。

囲炉裏の家 (建築家:原浩二)

どのご家庭でも玄関を通って家の中に入ります。家族にとって使い勝手が良いのはもちろんのこと、家の顔ともなる玄関。素敵な玄関でお客様をお迎えしたいですね!

最終更新日:2017年08月09日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。