ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
「スケルトン階段」で空間に奥行きを。光と風が通る清々しい住ま...

2017年12月15日

SUVACO

「スケルトン階段」で空間に奥行きを。光と風が通る清々しい住まい

「スケルトン階段」で空間に奥行きを。光と風が通る清々しい住まい

階段スペースを有効利用したいと思っている方は多いのではないでしょうか。階段を単なる通路としてではなく、楽しめるスペースとして活用できれば、住まいにもっと奥行きが生まれそうです。階段デザインのなかでも、最近人気を集めているのが「スケルトン階段」さっそくその魅力に迫ってみましょう。

スケルトン階段とは

スケルトン階段(ストリップ階段)は、蹴込部分に板がなく骨組みが見える階段のこと。通常、蹴込板や手摺壁のある階段を設置すると空間に光を通さず暗くなりがちですが、スケルトン階段は光を通す軽やかなデザインが特長です。

最近では、吹き抜けの明るさを1階まで届けたい、リビングにおしゃれな階段を設置したいなど、階段にこだわる方に注目されています。

共棲街区‐Living Park‐II (COMODO CASA  Re:CASA)

間接照明のように柔らかな光を届ける

降り注ぐ光を届ける、明るい吹き抜けリビング。コの字型に階段を設置し、南面に踊り場を向けた個性的な間取りに。
階段がリビングを囲んでいても圧迫感がないのは、スケルトン階段ならではですね。蹴込部分から光が漏れて間接照明のような役割も果たしています。

I邸・リビング階段に囲まれた吹抜けのプライベート空間 (建築家:戸井建一郎)

インテリアとしてもアクセントに

階段を部屋の一部に取り入れた開放感のある住まい。宙に浮かぶように軽やかに設置されたスケルトン階段が、インテリアとしても印象的に映ります。

「SHOWAの家」 (建築家:阿部 直人)

読書スペースとしても最適なスケルトン階段

壁一面の造作棚はまるでライブラリーのよう。デッドスペースを収納として有効活用しています。

軽やかな印象の踏板は、階段としてだけでなくちょっと腰かけるのにも程よい高さ。棚に好きな本を並べれば、階段がそのまま読書スペースに。ついつい棚の本を取り出して読みふけってしまいそうですね。

『虹のある家』虹色の階段が家族をつなぐ住まい (建築家:木田吉宣)

スタイリッシュなデザインが魅力

スケルトン階段のなかでも、ひと際すっきりとしたデザインが特徴の中桁(なかげた)階段。階段の踏み板に支えとなる桁を結合させてスタイリッシュに仕上げています。
手すりも上部から吊るすように設置されているので、見通しがよく圧迫感のない階段スペースが実現しています。

Tei 海がみえる家 (建築家:上森 雅明/上森 こくとう)

スケルトン階段は光や風の通り道に

玄関土間に設置したスケルトン階段。自転車も置けるほどのゆとりのある土間に設置されていますが、木造のスケルトン構造になっているため軽やか。

この場所から入る風を各部屋に届ける通り道にもなっており、空間に溶け込む階段スペースになっています。

船橋・猫と暮らす家 (建築家:田中ナオミアトリエ)

圧迫感のない居心地のよい空間づくりに

スケルトン階段だからこそ、廊下の限られた空間に圧迫感のない書斎スペースを設けることができます。

窓から外光が差し込むベストポジションに造作デスクを設け、ほっとくつろげる空間に。スケルトン階段の間から風や光を通し、居室さながらの居心地のよいスペースに仕上がっています。

Y邸・光あふれる2階リビングと露天風呂のある憧れの暮らし (高砂建設)

明るいイメージの階段スペースが実現するスケルトン階段。ただ、小さなお子さんのいる家庭では転落の危険性もあるので、その場合は転落防止ネットを張るなどの対策をしましょう。開放的でおしゃれな住まいづくりに最適なスケルトン階段、ぜひ検討してみてください。

最終更新日:2017年12月15日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。