ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
玄関アプローチをどうやって飾ろう?~事例紹介

2018年03月08日

SUVACO

玄関アプローチをどうやって飾ろう?~事例紹介

玄関アプローチをどうやって飾ろう?~事例紹介

家のエクステリアから玄関にかけての道のりは、お客さまから見ると住まいの第一印象を決めるところです。どう演出すると、素敵な雰囲気がつくりだせるのでしょうか。

玄関アプローチは家の「顔」!

戸建ての場合、門から玄関までの距離が5~10mくらいというおうちが多いかと思います。なかには、立地上どうしても短い距離しかとれない場合もありますよね。では、玄関アプローチはどのように演出したらよいのでしょう。

ここに住む人はどんな方なのだろうとワクワクするような事例を集めてみました。

押熊の家 (建築家:EI 建築設計事務所)

門からの道のりにこだわった玄関アプローチ

素敵なデザインの門が目を引く玄関アプローチ。実はこのお宅、お寺の庫裡をリノベーションしているんです。ヨーロッパ風の雰囲気を取り入れたことで、お寺とは全く印象が変わりました。外から玄関前までが見通せる、親しみやすい入り口です。

お寺の庫裡の大規模スケルトンリフォーム (村松工務店)

玄関アプローチには自然石の乱貼りに。芝と玉砂利、天然石の色彩がゆるやかな弧を描き、美しい仕上がりです。

アプローチ施工事例集 (エビスガーデン)

白い玉砂利を敷き詰めたアプローチ。玄関まで数歩の短い階段ですが、外構とのコントラストが映えています。

レンガタイル張りの素敵なお家 (村松工務店)

大型犬のいるお宅の玄関アプローチ。立水栓を設置してあり、お散歩から帰ったらすぐ愛犬の足を洗うことができます。水回りに貼ったタイルが、ダークブラウンのウッドフェンスや植栽のナチュラルな雰囲気にマッチしていますね。

家族もワンちゃんも大満足!ペレットストーブのある自然な暮し (スタイル工房)

植栽にこだわった玄関アプローチ

和モダンなお宅の玄関アプローチ。背の高い木々から差し込む木漏れ日を抜けていくと、切り妻屋根の家にたどり着きます。なめらかに仕上げられたモルタル壁、敷き詰められた石材と植栽の調和が美しいですね。

モダンな和の平屋 (建築家:青木昌則建築研究所)

周辺に川や竹林がある、自然に囲まれたお宅の玄関アプローチ。
表札やポストが設置された門柱やまっすぐに伸びる道は、自然の景色を際立たせるシンプルなつくりで、来客は玄関まで歩きながら景色を楽しめます。竹林から庭を抜ける風が心地よさそうですね。

借景を望むせがいの家 (建築家:テクトン建築設計事務所)

玄関アプローチの途中に、シンボルツリーを植えたお宅。

『garden house with garage』~ガレージ・庭・ホームシアター!趣味を最大限楽しめる住宅~ (建築家:森本 初雄)

玄関周りにこだわった玄関アプローチ

昨今では宅配ボックスを設置するお宅が増えてきました。
門柱に表札・郵便ポスト・宅配ボックスがビルトインされています。これがあれば、荷物の再配達を手配するストレスも減らすことができますよね。機能だけではなく、門柱のモルタルと玄関周りの木材のコントラストがおしゃれです。

スキップフロアがつくる快適空間 (白金の家) (建築家:井東 力)

石畳のアプローチの先には、木製のベンチが設けられています。靴を履くために腰掛けたり、帰宅時鍵を取り出すために荷物を置いたりと、出入りする人の使い勝手をよく考えたつくりになっています。

関町北の家 (建築家:中川龍吾)

斜めの壁を抜け、斜め戸の扉から家に入るという、個性的なデザインの玄関アプローチ。短いアプローチでもインパクトがありますね。

南笹口の家 ~斜め壁のある家~ (建築家:徳本賢洛)

ライトアップにこだわった玄関アプローチ

夜、ライトアップしてから真価を発揮する玄関アプローチ。帰宅時、あたたかな明かりを辿って行くと、窓からの柔らかい光が迎えてくれる……。照明効果で、ますます早く帰りたくなるアプローチです。

『HKH』優しい光の集まる木造2階建て住宅 (建築家:山下誠一郎)

門柱と外壁にガラスブロックを用いた玄関アプローチ。ガラスブロックが光を透過して、室内の明かりがアプローチを照らし出し、柔らかい雰囲気を演出しています。

『スクエアハウス』~大きな吹き抜けのある開放的な住まい~ (建築家:吉村 紳)

壁にキャンドルスペースを設置した倉庫のアプローチ。壁の水抜きを兼ねた陶器製の穴に、小さなキャンドルをたくさん入れることができます。夜の語らいが楽しみになる、幻想的で情緒ある仕様です。

はなれ庭 (建築家:篠田 望)

筒状の穴にティーキャンドルを置くと、筒内全体が照らされて明るくなります。

はなれ庭 (建築家:篠田 望)

さまざまな雰囲気の玄関アプローチを紹介しましたが、実際につくる際には「雨や雪でも滑りにくい安全性」「照明による明るさの確保」「防犯性の高い丈夫な門」といった部分にも気を配りたいところ。素材・デザインの素敵さと、安心安全を確保できる玄関アプローチ。どちらも両立できるよう、検討してみてください。

最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。