ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
家の顔、どうする?素敵な玄関インテリア15選

2018年09月29日

SUVACO

家の顔、どうする?素敵な玄関インテリア15選

家の顔、どうする?素敵な玄関インテリア15選

玄関とは、家族が毎日通る場所であることに加え、来客時には真っ先に目につく場所でもあります。それだけに、どんなしつらえにするか迷う人も多いはず。家の顔ともいえる玄関についてまとめました。

モダンな玄関でかっこよく

ホワイトで統一したモダンな玄関。

アプローチ部分の壁はコンクリート打ちっぱなし。クールさが一層際立っています。余分なものはほかになにも置かれていないため、生活感もなく、モダンなエントランスに。

南馬込の住宅 (建築家:納谷建築設計事務所)

高い天井がポイントの空間です。

白を基調とすると無機質になりがちですが、天井材や奥の床材などに木を感じられるので、冷たすぎない空間に仕上がっています。
リビングの大開口から自然を眺めるというコンセプトの住宅のため、エントランスはあえてシンプルに仕上げており、それがリビングからの借景を引き立てます。

鋸南の家 (建築家:石井 秀樹)

和風な玄関でしっとりと

縦格子を取り入れて、和風な趣きを演出。

木のぬくもりを感じる、落ち着いた空間です。勾配天井ということもあり、ゆったりとした玄関となっています。照明器具も雰囲気と合っていますね。

ウッドデッキで繋がる空間|趣味を楽しむ住まい 姫路の家 (建築家:小笠原建築研究室)

こちらは、より落ち着きのある渋い玄関です。

全体的に色味を抑えているので、植物の緑がより利いています。格子から差し込む光は柔らかく、初めて訪れた人にもどこか懐かしい雰囲気を感じてもらえそうですね。

大屋根の家 (建築家:矢野友之)

和モダンテイストのこちらの玄関は、全体的に濃いめの色合いで大人な空気感を漂わせています。

天井部分をダークトーンで設えることで、落ち着いた空間に仕上げりました。あたたかな電球色の間接照明も、雰囲気づくりに一役買っています。

VERTICAL HOUSE (縦格子の家) (建築家:Mitsutoshi Okamoto)

明るめの木材を採用した、和風の玄関です。

正面には坪庭を眺めることができ、玄関に足を踏み入れた瞬間に心が和みそうです。右収納部の上に飾ったお花にも、この家のオーナーのおもてなしの心が表れていますね。
コンパクトながら、日本の四季を存分に楽しめそうな空間です。

平屋 和風モダンの家  築60年の一部を残した住宅の建て替え (建築家:堀 紳一朗)

ナチュラルモダンな玄関ですっきりと

はっきりとした木目と、黒色に塗装された壁面。

その壁の向こう側は広々としたウォークインシューズクローゼットになっており、デザイン性だけでなく実用性も兼ね備えています。スケルトン階段を採用することでスタイリッシュな空間となり、吹き抜けとも相まった心地よい開放感が生まれました。

haus-flat (建築家:山根徹也)

ガラス戸が開放的で、実際以上に広さを感じられる玄関。

こちらは旗竿地で採光が限られていたため、アプローチ部分から光を取り入れて室内まで行き渡るように考えた結果、このアイデアが生まれたそう。
横に広い玄関は、大勢のお客様が同時に来ても、一度に家に上がれるので便利ですね

『春風の家』中庭を外玄関に!光を取り込む住まい (建築家:樋口 章)

白壁を基本とし、階段側の一面だけレンガ調のタイルを設えました。

ナチュラルな風合いの木材は空間全体をやさしい雰囲気へと導き、ブルーグレーの床タイルとも相性抜群。吹き抜け部分から差し込む光は、住まう人や訪れる人をも穏やかな気持ちにさせてくれます。

祐天寺の家 (建築家:根來宏典)

床材や天井の素材感が引き立てられた、シンプルですっきりとした玄関。

効果的に用いられた照明は、どこかモダンでいてやわらかい陰影を生み出しています。段の部分はベンチと収納を兼ねており、デザイン性と実用性のふたつが同時に実現しました。

U3-house「回廊の家」 (建築家:佐藤正彦)

オーク材の床がナチュラルな玄関。

モルタル風の土間にすることで、すっきりモダンな空間へ。また、掃除もしやすい というメンテナンス面でのメリットも生まれました。
毎日使う場所であるがゆえ、ゆったりとスペースを設けると、出かけるときも帰ってきたときも気持ちよいですね。

世田谷区 桜 NAVY HOUSE 1 (cozy modern company)

カフェ風な玄関で小粋に

ガラスに黒いスチールがおしゃれなドア。こちらは既製品ではなく造作だそう。
クールな玄関ですが、インテリアグリーンを置くことであたたかみがプラスされ、カフェのような雰囲気に。

あたたかヴィンテージ (howzlife)

木の印象が強いですが、ホワイトの壁と扉がかわいらしい空間。

玄関のたたきには石材風タイルを採用し、甘すぎず大人っぽい雰囲気に仕上げています。
階段部分の手すりがアイアンになっているのもおしゃれですね。

青梅のガレージハウス (建築家:川勝崇道)

ナチュラルな玄関でほっこりと

木の表情がそのまま活かされた玄関にはぬくもりを感じられ、お客様を気持ちよく迎えられそうです。

このように土間スタイルの玄関だと、濡れたものも気にせず持ち込めるのがうれしいですね。
左側の引き戸を開けると趣味室へとつながっているという工夫も、多趣味なオーナーに合わせて考えられたもの。

趣味を楽しむ土間の家 (建築家:テクトン建築設計事務所)

こちらも木目や節など、木そのもののぬくもりを感じることができる玄関です。

アーチ型の扉がかわいらしいですね。
また、たっぷりと設けた収納もポイントです。隠す収納を実現することで、整頓された状態をキープできます。

軽井沢Y邸 (建築家:AIDAHO)

玄関は、住む人の個性が端的に表れる場所といえるかもしれません。収納などの機能性と見た目のデザイン性、このふたつを十分に考慮して、楽しみながら玄関をプランニングしてみましょう。それが、あなただけの空間づくりの第一歩です。

最終更新日:2018年09月29日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。