ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
どんな感情もリセットしてくれる、開放感あふれるバスルーム

2018年10月05日

SUVACO

どんな感情もリセットしてくれる、開放感あふれるバスルーム

どんな感情もリセットしてくれる、開放感あふれるバスルーム

一日を爽やかにスタートする場所。一日の疲れを癒す場所。じっくり考えをまとめる場所。思いっきり涙を流す場所。どんな状況も感情も綺麗に洗い流して一旦リセットしてくれる、それがバスルームの持つ裏の役割です。そこに「開放感」というエッセンスを加えれば、素の自分に戻れる空間にバージョンアップしますよ。

木々の緑が映える森の中のお風呂

バスタブ周りにぐるっと大きな窓を施したバスルーム。

室内を一面ダークカラーにすることで、窓の外に広がる木々の緑が鮮やかに映えるよう、景色もインテリアの一部として設計されています。シンプルな中にも高級感漂うデザインは、まるで山の中の高級な温泉にいるような気分にさせてくれます。

IM山荘 (建築家:高橋昌宏)

天空のバスルーム

傾斜のある自然公園という立地を活かして、青い海と豊かな自然が上から見渡せる、まさに天空のバスルーム。

広い窓を全て解放して、思わず「ヤッホ~!」と叫びたくなりますね。思考がクリアになって、素敵なアイデアが浮かびそう。

2012 YMP (建築家:かわつひろし建築工房)

屋上のバスルーム

家の屋上部分に設置した斬新なバスルーム。折り畳み式の窓を開けた先には、そのまま出られる広いウッドデッキが。バスローブを羽織って、お風呂上がりのビールを飲みたくなります。

代々木西原の家 (建築家:田井幹夫)

狭い土地で実現する広々バスルームは、潔いまでに白

家の中央にある螺旋階段を登ると、そこに広がるのは計算された余白のある空間と、潔いまでの白に圧倒されるバスルーム。

中庭側の窓を開ければ、風と光を感じる露天風呂気分が味わえます。20坪弱の狭小地でも、開放感たっぷりのバスルームが実現可能なのです。

GROW (建築家:黒崎敏)

羊蹄山を眺める展望バスルーム

北海道の大地にそびえる羊蹄山を望む景色は、まるで絵画のよう。

高級感のある和モダンな素材使いと配色が、窓の外の雄大な景色をより一層引き立てていますね。上質な時間をつくり出す、大人のバスルームです。

飛翼 Hiyoku (建築家:大田 司)

高い天井と間接照明がまるで美術館

建物の中央を貫く螺旋階段の横に、唐突に置かれたバスタブ。

一瞬モダンな美術館かと思わせるような雰囲気ですが、れっきとしたバスルームなのです。仕切りは左右のカーテン2枚のみ。

和賀材木座の家 ― 空(くう)の箱 ― (建築家:田井幹夫)

小鳥のさえずりがBGM

真っ白な内装と鮮やかな緑のコントラストが爽やかなバスルーム。

余計なものを省いた限りなくシンプルなデザインと、バスタブの丸いフォルムが自然の優しさと溶け合って、なんとも癒される空間に。
こんなお風呂で朝を迎えられたら、気持ちよい1日を過ごせそうです。

035カルイザワハウス (建築家:鈴木宏幸)

海の見えるバスルーム

どこまでも広い海の見える、まさに夢のバスルーム。
波の音と雄大な自然に包まれてバスタイムを過ごせば、ちっぽけな悩みなどふきとんでしまいそうです。

『Akiya House』海沿いの家 (建築家:篠原乃生子)

森の通り道

まるで森へと続く道の途中にお風呂があるような空間デザインが印象的。

素朴な木のぬくもりを感じる素材使いで「モダンだけどほっとするバスルーム」が実現しました。爽やかな風が吹き抜ける中、今にもかわいらしいリスや野ウサギが話しかけてきそうな気がしませんか。

029那須Hさんの家 (建築家:鈴木宏幸)

広い庭を景色に眺める南向きのバスルーム

明るい光が射し込むナチュラルテイストのバスルーム。

大きな窓を通して奥に広がる庭が望めるプライベート空間です。庭に抜けるドアを開放すれば、爽やかな風が吹き抜けて通気性も抜群。
全ての部屋が南向きにつくられているこの邸宅。陽の光のおかげで、毎日気分も明るく過ごせそうですね。

軌跡の家 (建築家:FEDL)

アーバンライフにぴったりのバスルーム

ドラマに出てきそうな、おしゃれなバスルームはまさに憧れ。

全面ガラス張りにすることで部屋の境界感じず、広々とした空間という印象をつくり出しました。
都会的でかっこいい家にリノベーションしたいなら、バスルームは思い切ってこんなデザインはいかがでしょうか。

浦和H邸 (建築家:藤田 征樹)

閑静な住宅街で味わう露天風呂

思わず予約を入れてしまいそうになる露天風呂の写真……ですが、閑静な住宅街に建つ一般住宅のバスルームです。

小さな庭に面した窓を開け放すことで、なんとも趣のある露天風呂が完成します。

暖炉のある家 (建築家:網田一久)

海を望むジャグジーと露天風呂

相模湾を望む高台に建つこちらの邸宅。

屋上にあるのは、まさかのWバス。ラグジュアリーな室内ジャグジーと、その外に小さな石造りの露天風呂。もちろん、ここから見える海は絶景です。

百景楼-海の別荘 (建築家:新井敏洋・眞理)

築30年の古民家を再生したヒバの露天風呂

ヒバ板や大谷石で仕上げた贅沢なバスルームからは、今にもヒバのよい香りが漂ってきそう。坪庭と一体化して調和した、計算され尽くした空間デザインです。

五感を刺激するこんな純和風の露天風呂にゆっくり浸かれば、質のよい睡眠へ誘ってくれるでしょう。

宮司の家/古民家再生 (建築家:網田一久)

入浴が自律神経のバランスを整えることはよく知られた話ですね。血行がよくなり、筋肉がゆるみ、副交感神経が優位になることで、心身ともにリラックスした状態になります。
人は誰しも、何かと、誰かと戦っています。「水に流す」ということわざがありますが、嫌なことがあった日は、その日のうちに疲れや汚れと一緒に感情も流してしまいましょう。そういう意味では、バスルームは家の中でもとても重要な役割を持ちます。リノベーションや注文住宅を考える際は、ぜひバスルームにもこだわってみてください。

最終更新日:2018年10月05日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。