ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
最新団地リノベーション事例~古き良き価値の見直しと向上~

2018年10月08日

SUVACO

最新団地リノベーション事例~古き良き価値の見直しと向上~

最新団地リノベーション事例~古き良き価値の見直しと向上~

経済発展とともに、都市部の住宅需要はぐんぐんと高まっていきました。現在、都市部には新築用地が少なくなったと言われています。そこで再注目されたのが、集合住宅が林立する「団地」。昭和に建てられたものが多い団地は、いうなれば築古の中古物件。今回は、団地のもつ魅力と可能性にフォーカスして、リノベーション事例を集めてみました。

団地の歴史と魅力

鉄筋コンクリートの集合住宅の林立が特徴的な「団地」は、昭和30年~50年ごろ、経済成長に伴う都市部の住宅不足解消を担う存在として多く建設されました。

広大な敷地を利用して建てられた団地には、郵便局や銀行、商業施設などが内設されていることも多く、敷地内だけでも暮らしのほとんどを賄えるケースもあります。また、公園や植栽といった環境面が整っているのもメリットのひとつです。

しかし、一方で近年問題視されているのは、昭和に建てられた団地の老朽化と住民の高齢化。
もともとある価値を見直し、さらに時代に合った価値を付加できる団地リノベーションは、この問題への有効な対策として注目されています。

また、一部の団地では、賃貸でも住民独自のリフォームや模様替えを認め、原状回復義務を免除する「DIY住宅」と呼ばれる試みを実施しているところもあるようです。

ここからは、実際に最新の団地リノベーション事例を参考に、どのようなことができるのかを詳しく見ていきましょう。

リノベーション リビングと繋がる部屋 (合同会社アーチ・アンド・ドリーム)

ライフスタイルと時代に合った間取りへ

昭和時代に建てられた団地の多くは、当時のファミリー層を意識した3LDKが主流。しかし、同じ3LDKでも、現代はLDKの比重を大きくとる傾向があるなど、時代とともに間取りへのニーズにも変化がみられます。
リノベーションならば、住み手のライフスタイルだけでなく、そんな時代のニーズに合わせた部屋数の増減や部屋割りの変更も叶えることができます。

こちらは、昭和50年代に建てられたテラスハウス団地のリノベーション事例。

娘さんご一家から親御さん夫婦へと住み手が変わることで、部屋数の調節と風通しや採光の見直しを目的にリノベーション。もとは3LDKでしたが、リノベーションにより間仕切りと天井が取り払われ、広々としたワンルームに生まれ変わりました。

団地リノベーションでは、住宅の大枠を変えることはほとんどの場合できません。そのため、部屋数の増減のような外部に影響を及ぼさない範囲の施工が基本となりますが、こちらの事例は、2階建てテラスハウスであるため、天井を取り払い、より開放的な空間へと導かれているのも特徴です。

吹田山田のテラスハウス リノベーション|お孫さんが走り回る30畳のリビングを実現 (建築家:吉永建築デザインスタジオ)

壁と天井の一部は、リノベーション前のままあえて残し、住みながら少しずつ手を加えていくのだそう。新品にはない味わい、自分たちで住まいをつくり込んでいく楽しみも、リノベーションは与えてくれます。

吹田山田のテラスハウス リノベーション|お孫さんが走り回る30畳のリビングを実現 (建築家:吉永建築デザインスタジオ)

制限の中から生まれる工夫と機能美

マンションの形態が多い団地は、リノベーションにあたり「壊せない場所」「変更できない部位」がどうしても生じます。しかし、こうした制限があるからこそ生まれる工夫があるのも事実。

こちらの事例では、LDKの壁の一部に「壊せない壁」がありました。
もとの状態だと、北側の部屋へは採光が十分に行き届きません。そこで、リノベーションにより、室内窓を増設することでその問題を解消。大きめの室内窓があることで、壁で仕切られた北側の部屋とLDKに「つながり」も生まれています。

リノベーション リビングと繋がる部屋 (合同会社アーチ・アンド・ドリーム)

室内窓があることで、北側でも、いつも明るい部屋が実現されています。制限を乗り越えることで、付加される新たな機能と価値があるのも、リノベーションならではの醍醐味といえそうです。

リノベーション リビングと繋がる部屋 (合同会社アーチ・アンド・ドリーム)

設備の刷新と洗練

昭和に建設された団地ですから、建具や水回りの設備も当然、古くなっています。こうしたディティールを刷新するだけでなく、好みのスタイルに洗練することができるのも、リノベーションの魅力。

団地に多くみられる壁付けのI型キッチンは、背面の壁にタイルを採用するだけでも、見た目の印象は変わってきます。換気扇や水栓、コンロなども新しい設備に取り換えると、大枠は変えずとも雰囲気をガラリと変えることができますよ。

富士見台 団地リノベーション (FIELDGARAGE Inc.)

水回りの設備は、特に時代とともにどんどん新しいものが開発・デザインされています。大型集合住宅である団地の場合は、そもそも量産型で機能重視の設備状態ですから、水回りの設備替えはやり甲斐がありそうですね。

設備だけでなく、収納についても住み手の使いやすさや、家族構成に合ったスタイルに変えておくと、見た目だけでなく機能面も洗練していくことができます。

富士見台 団地リノベーション (FIELDGARAGE Inc.)

団地とは思えないホテルライクな雰囲気の浴室です。場合によっては、バスタブのサイズを変えられないこともありますが、壁や照明、水栓を変えて好みのテイストに仕上げることができます。

富士見台 団地リノベーション (FIELDGARAGE Inc.)

好みの世界観にまとめやすい空間へ

リノベーションでは、空間割りや壁・天井・床の仕様、ディティールを変えることで、より好みの家具やアイテムが映える空間をつくり出すことができ、団地は一般の中古マンションよりも、比較的予算を抑えて購入することができます。
つまり、団地リノベーションなら、新築や注文住宅よりも、空間づくりにより多くの予算を割り当てられるのです。

こちらは、奥様のラグジュアリーなインテリアの世界観に、空間の素材やディティールを合わせてリノベーションをした事例です。
家具の素材や色と、壁や床がリンクしているため、まとまりのある完成度の高いスタイリングに。

raffine ―築30年、100m²の団地で手に入れた至福 (ブルースタジオ)

玄関も、ソファが置けるゆったりサイズ。よりエレガントな雰囲気を醸し出すR壁もいい仕事をしていますよね。
もしかすると、ヨーロッパ風のクラシカルでエレガントな雰囲気のインテリアは、ピカピカの新築よりも、歴史を重ねた味わいのある築古団地のなかで真価を発揮するのかもしれません。

raffine ―築30年、100m²の団地で手に入れた至福 (ブルースタジオ)

最後に、団地リノベーションでは、「共有部分」に注意をする必要がです。例えば、玄関ドアのように外部と繋がる部位は、共有部分とされ購入物件でも個人で変更ができない場合があります。どうしても変更したいという際は、団地の管理組合と相談してみましょう。

団地には環境面や設備面の魅力がありますが、一方で、老朽化や耐震性能などの問題も抱えています。リノベーションなら、団地にある古き良き価値を見直しながら、時代とライフスタイルに合った新しい価値を加え、住宅としての価値を向上させることが、今回紹介した事例からもおわかりただけたのではないでしょうか。

ぜひ、住まいづくり・住まい探しの際、「団地」という選択肢も検討材料に入れてみてください。

最終更新日:2018年10月08日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。