ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
憧れの空間を自分の家に。ホテルライクなリビングをつくるポイン...

2019年01月07日

SUVACO

憧れの空間を自分の家に。ホテルライクなリビングをつくるポイント

憧れの空間を自分の家に。ホテルライクなリビングをつくるポイント

旅行の一つの楽しみといえば、普段と少し違う雰囲気で、リラックスして過ごせるホテル。もしホテルのような部屋が家にあったら、きっと毎日帰るのが楽しみになりますよね。
今回は、ホテルライクなリビングをつくるヒントを実際の事例から学んでいきましょう。

シックなカラーで落ち着いた空間をつくる

ホテルっぽさを出すポイントは、部屋をシックで落ち着いたカラーでまとめること。ホテルは安心してくつろげるように、奇抜な色は使わず、茶色や白黒といった色が使われています。

この事例は、モノトーンでシックにまとめられたインテリアが高級感を演出。窓から見える景色も、まるでホテルにいるような非日常な感覚に。

アートが映える洗練された空間 (三井のリフォーム)

統一感を出すことが重要

ホテルの特徴は、部屋全体にまとまりがあること。

色や素材がチグハグしておらず、統一感のある部屋というのはホテルらしさを感じます。ホテルライクな部屋をつくりたいなら、全体のまとまりを意識しましょう。

ふじみ野の家 (建築家:森清敏/川村奈津子)

物をなくして生活感を排除する

ホテルライクなリビングにしたいのなら、物を少なくして生活感をなくすことも大きなポイントになります。

家とホテルの違いは、「生活感」の有無にあります。あらためてホテルの部屋を覗くと、その生活感のなさに気づくはず。ホテルライクな部屋に近づけるには、極限まで物をなくす努力が必要です。

seki house (関 洋)

物が少なく、高級感を感じる事例。

モノトーンで統一されており、一つ目にお話した「シックなカラーでまとめる」という要素も入っており、ホテルライクに仕上がっています。

陰影がつくる美しい住まい (クラフト)

リビングとベッドルームをひとつの空間に

ホテルと言えば、大きくて快適なベッドが置いてあるイメージではないでしょうか。

このようにリビングとベッドルームをひとつの空間にまとめると、一気にホテルライクな雰囲気になります。

門司港レトロハイマート (建築家:桑原聡)

間接照明でやわらかい光を

天井に光を当てるコーブ照明を使ったリビング。

間接照明は、壁や天井に光を当て柔らかい明かりを作ることができ、リラックスしたムードを演出します。
ホテルでは間接照明が使われていることが多く、ホテルライクな空間に近づけるためには必須のアイテムです。

Glass House (建築家:小西彦仁)

間接照明を多く取り入れた事例。

ジグザグの照明がアクセントになっていますが、その他にもTVボードの下、壁際に間接照明が設置されています。
このように一箇所だけではなく、複数箇所に間接照明を取り入れることで、光と影を散りばめることができ、おしゃれ度がアップします。

Y8-house 「木と石の家」 (建築家:佐藤正彦)

アートを飾って部屋に彩りを

ホテルには必ずと言っていいほど、アートが飾られています。つまり、ホテルの雰囲気を出したいのなら、アートが必要。

大きなアートを一枚置くのもよし、小さなアートをいくつか部屋に散りばめるのもよし。
お気に入りの絵を探して部屋を彩りましょう。

湖風の家 (建築家:古前極)

レザーソファで高級感を出す

置くだけでラグジュアリーな雰囲気が出るレザーソファは、ホテルライクな空間をつくるオススメのアイテムです。

薩摩川内の住宅 (建築家:アトリエ環 建築設計事務所)

ブラウンのレザーソファが映える事例。

全体的に落ち着いたグレイッシュな色目で揃えて置きながら、茶色のレザーソファでメリハリをつくっています。コーナーの暖炉も高級感を上げるのに一役買っていますね。

ペレットストーブのある家 (スタイル工房)

今回は、ホテルライクなリビングをつくるヒントについてお届けしました。値段の高いホテルには頻繁に泊まれませんが、家をホテルのようにすると憧れの空間を毎日楽しめますよ。
ぜひポイントを抑えて、自分の家をホテルのように変えましょう。

最終更新日:2019年01月07日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。