ここから本文です

シティハウス品川サウス

【住友不動産のマンション】「品川」駅約1.1km圏 再開発が進む「品川」駅周辺エリア モダンな外観デザインの全戸南東向きレジデンス

  • セキュリティー充実
  • 子育て充実
  • 資料をもらう(無料)
  • 地図を見る
  • お気に入りに登録

立地、周辺環境 詳細を見る

品川ステーションまで約1.1km圏(※)。都市機能と自然の潤い、暮らしやすさが調和する街。

JR「品川」まで直線約1.1km(※)。「シティハウス品川サウス」は、再開発で進化を続けるインターナショナルシティ品川の都市機能と東京のアクセス利便性を享受する地に誕生します。また、都心でありながら、リゾートのような水辺の風景が広がる「天王洲アイル」やショッピング環境が整った「旧品川宿」を暮らしの背景に、自由自在のアーバンライフが始まります。
※「品川駅約1.1km圏」は現地から「品川」駅港南口までの地図上の概測直線距離です。

  • <エリア概念図>

品川駅周辺エリア

ビジネス拠点としてだけではなく、グルメやショッピング、エンターテインメントなど様々なジャンルで、人々を引き付ける街、品川。駅ナカ商業施設「エキュート品川」でワインやグルメを楽しんだ後は、シネコン「T・ジョイPRINCE品川」で話題の映画を鑑賞したり、水族館のある「アクアパーク品川」でアトラクションを楽しんだり。多彩な楽しみが溢れるアミューズメントな街です。

  • <エキュート品川(約1,470m・徒歩19分)>

  • <アトレ品川(約1,340m・徒歩17分)>

  • <アクアパーク品川(約1,540m・徒歩20分)>

  • <T・ジョイPRINCE品川(約1,540m・徒歩20分)>

天王洲アイルエリア

水辺の伸びやかな景観が広がり、たっぷりとした日差しが注ぎ、爽やかな海風が街を吹き抜ける。そんな環境の中での散策は、まさに癒しのひととき。のんびり歩いていると、心地よさに時間を忘れそうです。

  • <ボンドストリート(約350m・徒歩5分)>

  • <ザ・クルーズクラブ東京(約720m・徒歩9分)>

  • <天王洲銀河劇場(約720m・徒歩9分)>

旧品川宿エリア

新旧の店舗が軒を連ねる商店街が拡がる旧品川宿。下町情緒が溢れる温もりのある街並みは、地元の方々はもちろんこの街を訪れる人々を魅了してやみません。また、「イオン品川シーサイド店」も生活圏にあり、この地に住む方々の暮らしを支えています。

  • イオン 品川シーサイド店

    スーパーマーケット「イオン」を核に約60の専門店が入る、大型ショッピングセンター。現地から徒歩2分の「天王洲橋」バス停からも「品川シーサイド」駅へのバスが運行していますので、食料品から日用品まで日々の買い物も気軽に楽しめます。<イオン 品川シーサイド店(約1,140m・徒歩15分)>

  • 北品川本通り商店街

    旧東海道の宿場町として栄えた「品川宿」。その歴史の面影を今も残すのが「北品川本通り商店街」です。道幅は江戸時代の頃のままに約7m。石畳や趣のある街路灯、お店の軒先に掛かる暖簾など宿場町の景観を再現することで、歴史的景観の復興と街の活性化を目指しています。この商店街に一歩足を踏み入れるだけで、旧東海道を歩いた旅人たちに思いを馳せることができます。<北品川本通り商店街(約350m・徒歩5分)>

次代に向けて、さまざまな都市開発が進む「東京サウスゲート」。

世界の大都市、東京。なかでも品川は、大変革が加速し始めた東京のサウスゲートとして、世界をリードする賑わいと魅力ある国際都市へ大変貌を遂げようとしている。「品川」駅周辺一体は、東京都による「アジアヘッドクォーター特区」、国土交通省による「特定都市再生緊急整備地域」として市街地整備を実施。リニア中央新幹線の停車駅に決定した「品川」駅は、国際化した羽田空港への良好なアクセスも誇る首都圏で重要な交通の結節点へ。いま東京の偉大な新時代への幕が、ここから開かれていく。

  • <現地周辺の写真(2014年4月撮影)にCGを合成したもので実際とは異なります>

[01.]品川駅・田町駅周辺まちづくりガイドライン2014(品川周辺地域都市・居住環境整備基本計画)

東京都は、品川駅・田町駅周辺にて、新しい街づくりを推進。将来像として、国内外のビジネスパーソンの活力にあふれる最も進んだビジネスのまち、世界の人々が集い交わる文化・知の交流のまち、世界に向けた次世代型の環境都市づくりを実現するまちを追求。東京の新拠点にふさわしい魅力と活気にあふれる街を目指しています。
※「品川周辺地域都市・居住環境整備基本計画」/2006年制定・「品川駅・田町駅周辺まちづくりガイドライン2014」/2014年制定 出典元:東京都および東京都都市整備局ホームページより(2017年6月現在)

  • [02.]「品川」駅がリニア中央新幹線の停車駅に決定
  • [03.]JR山手線「田町」駅~「品川」駅間に新駅設置
  • 東京と名古屋を約40分(見込み所要時間)で結ぶ「リニア中央新幹線」が2027年に工事完成予定。そのターミナル駅が東海道新幹線「品川」駅に併設されることが発表されました。日本の新たな国土軸「リニア新幹線」の停車駅となる予定の「品川」駅は、交通の要衝としてさらなる発展が期待されています。
    ※「リニア中央新幹線」/品川・名古屋間工事完了予定:2027年 出典元:リニア中央新幹線ホームページより(2017年6月現在)

  • JR「田町」駅・「品川」駅間に、山手線・京浜東北線が停車する品川新駅(仮称)が2020年に暫定開業予定です。新駅前には、人・駅・街・地域をつなぐ、魅力ある広場空間を創出するなど、品川車両基地を見直して創出される約13haの大規模用地について、まちづくりの検討を進めています。
    ※「田町駅~品川駅間・新駅設置」/暫定開業予定:2020年 出典元:東日本旅客鉄道株式会社ホームページより(2017年6月現在)

  • [04.]羽田空港、国際線増便
  • [05.]アジアヘッドクォーター特区
  • 羽田空港のビジネス・観光両面の都市間競争力を大幅に強化するために、発着容量の拡大等、抜本的な機能強化として、2014年3月末より、羽田空港発着の国際線が増便国際都市として成長を続ける日本の空の玄関口としての開発が推進されています。
    ※出典元:国土交通省ホームページより(2017年6月現在)

  • 多国籍企業及びその従事者たる外国人のビジネス環境、生活環境を整備することにより、多くの企業が集積する東京に外国企業のアジア統括拠点及び研究開発拠点を誘致することを目標としています。
    ※「アジアヘッドクォーター特区」/2011年制定 ※出典元:内閣府ホームページより(2017年6月現在)

  • [06.]特定都市再生緊急整備地域
  • [07.]運河ルネサンス
  • 「品川駅・田町駅周辺地域」は、都市再生特別措置法の政令により定められ、都市開発事業などによって緊急かつ重点的に市街地整備を推進し、都市再生の拠点となるべく指定されている「特定都市再生緊急整備地域」の制度において、特に都市の国際競争力強化の観点から重要な地域として指定されています。
    ※「特定都市再生緊急整備地域」/2002年制定、2011年改正出典元:東京都都市整備局ホームページより(2017年6月現在)

  • 本計画地を含む「品川浦・天王洲地区」をはじめ、5地区が指定されている「運河ルネサンス」計画。水域占用許可の規制緩和を行う事で、水上レストランや桟橋、ボート乗り場等が設置しやすくなるなど、運河の魅力を最大限に高め、地域の活性化に繋げる街づくりが推進されています。
    ※「運河ルネサンス」/2005年制定 出典元:東京都港湾局ホームページより(2017年6月現在)

  • [08.]田町駅東口北地区土地区画整理事業
  • [09.]品川駅南地域まちづくりビジョン
  • 東京ミッドタウン(約6.8ha)を超える約7.7haの広大な面積を誇る再開発事業。商業・公共・医療・保育が融合した複合都市開発で、地区内の緑化を図り憩いの場となるオープンスペースを配するなど、ゆとりある街づくりが特徴的です。当該地区には、2014年12月に「みなとパーク芝浦」がオープン。さらに2015年2月には小児地域医療機能を拡充させた「愛育病院」の移転が完了しております。
    ※「田町駅東口北地区土地区画整理事業」/工事完了予定:2019年度 出典元:港区役所ホームページより(2017年6月現在)

  • 東京のサウスゲートとして、グローバルに生まれ変わる「品川」駅。その南側に位置する、約92haの広大なエリアが「品川駅南地域」です。このエリアでは、羽田空港の国際化や品川駅のターミナル機能の強化を受け、品川駅へ国内外から訪れる人々を迎え入れる南の玄関口として、地域のグローバル化に対応した業務・商業・観光・宿泊・交流・居住など、多様な都市機能の導入・強化を図り、国際性豊かな多様な人々で賑わう街を目指しています。また、旧東海道品川宿の歴史ある街の伝統や文化と、新しく創り出されるものとが共存し合う、新旧が融合した街並み・景観づくり、水辺に近接する豊かな立地特性を生かし、人々が楽しめる環境の整備に取り組みます。
    ※品川駅南地域 まちづくりビジョン/工事完了予定:2019年度 出典元:品川区ホームページより(2017年6月現在)

マンション供給戸数で住友不動産は3年連続全国第1位になりました

  • ※2014年~2016年事業主別マンション発売戸数/(株)不動産経済研究所調べ

販売スケジュール

予告広告
販売開始予定 : 2017年12月上旬
※本物件は予告広告のため、販売開始まで契約または予約の申し込み、並びに申し込み順位の確保には応じられません。
※表示の面積等は、今後の販売対象住戸(区画)を対象としております。
本物件は、今後の販売対象住戸(区画)を一括して販売するか、または数期に分けて販売するかが確定しておりません。
販売戸数(区画数)及び面積等は本広告にてお知らせいたします。

シティハウス品川サウス

販売概要

予告広告

価格 専有面積 間取り 販売戸数
未定  54.56m2~67.02m2 2LDK~3LDK 未定

問い合わせ先

総合マンションギャラリー田町館
電話番号:0120-371-223

営業時間 : 平日11:00~20:00、土日祝10:00~20:00 定休日 : 毎週水曜日(年末年始は休業)
お問い合わせの際は「Yahoo!不動産を見た」とお伝えください。

  • 資料をもらう(無料)

東京都の販売前おすすめ新築マンション

  • グランドメゾン品川シーサイドの杜

    グランドメゾン品川シーサイドの杜
    東京都品川区東品川4丁目 / 東京臨海高速鉄道りんかい線 「品川シーサイド」駅 徒歩3分  第2期3次 5,350万円予定~8,090万円予定 / 第2期3次 2LDK・2LDK+S・3LDK ※Sはサービスルーム(納戸)です。
  • プライムパークス品川シーサイドザ・タワー

    プライムパークス品川シーサイドザ・タワー
    東京都品川区東品川4丁目 / 東京臨海高速鉄道りんかい線 「品川シーサイド」駅 徒歩3分 (B出口より) 第1期5次 3,970万円予定~1億1,300万円予定 / 第1期5次 1LDK~4LDK
  • プライムパークス品川シーサイド ザ・レジデンス

    プライムパークス品川シーサイド ザ・レジデンス
    東京都品川区東大井1丁目 / 東京臨海高速鉄道りんかい線 「品川シーサイド」駅 徒歩5分 (B出口より) 第1期6次 4,600万円台予定~7,300万円台予定 / 【先着順】 4,900万円~7,080万円 / 第1期6次 2LDK・3LDK / 【先着順】 1LDK~3LDK

シティハウス品川サウスを見た人はこんな新築マンションも見ています

  • シティタワー品川パークフロント
    東京都品川区南大井二丁目 / 京急本線 「大森海岸」駅 徒歩5分  5,850万円~6,620万円 / 2LDK+S~3LDK ※Sはサービスルーム(納戸)です。
  • アトラス品川中延
    東京都品川区中延二丁目 / 東急池上線 「荏原中延」駅 徒歩4分  3,700万円台予定~1億500万円台予定 / 1R~4LDK
  • シティハウス中目黒ステーションコート
    東京都目黒区東山1丁目 / 東急東横線 「中目黒」駅 徒歩4分  未定 / 1R~2LDK

京急本線新馬場駅 近隣の駅から新築マンションを探す

この物件の不動産会社が取り扱い中の新築マンション

  • 完成後1年を経過している未入居物件が掲載されている場合があります。
  • 物件の写真やイラスト、CGなどは実際と異なる場合があります。
  • 消費税および地方消費税の対象となる場合は税込み価格が表示されています。
  • 本ページの掲載内容は変更される場合があります。あらかじめご了承ください。
  • ご購入の前に物件の内容や契約条件について、ご自身で十分なご確認をお願いします。
  • お問い合わせの際は「Yahoo!不動産を見た」とお伝えください。
Yahoo!不動産アプリをダウンロード