Yahoo!不動産
Yahoo!不動産 > 賃貸 > ハウ・ツー部屋探し > 第4章 物件の下見から入居の申し込みまで

ハウ・ツー部屋探し
第1章
入居までの費用・入居してからの費用

第2章
部屋探しは情報収集から始める

第3章
物件情報の読み方・不動産会社の選び方

第4章
物件の下見から入居の申し込みまで

  1. 必ず騒音をチェックする
  2. 日照のチェックも忘れずに
  3. 部屋の広さは自分の目で確かめる
  4. 建物の管理状態で入居者の質が分かる
  5. 周辺環境は歩いてチェック
  6. バス便のときは終バスの時間もチェック
  7. 夜道が安全かどうか
  8. 入居申し込みは「契約」ではない
  9. 入居申込書の役割
  10. 入居審査で落ちることもある
  11. 預り金を支払うときは注意する
  12. 入居申し込みはキャンセルできる

第5章
賃貸借契約を結ぶとき

第6章
転居手続きと引越し

 

第4章 物件の下見から入居の申し込みまで
1. 必ず騒音をチェックする
物件を下見するとき、騒音のチェックは念を入れて行いましょう。週末の昼間に物件を下見するときはとくに要注意です。たとえば、平日は、近隣の工場や学校が出す騒音がうるさいが、週末は静かということもあります。また昼間は静かでも、夜になると近くの幹線道路の騒音が響くこともあります。できれば物件に入居を決める前に、昼と夜、平日と週末、のように2回以上は現地でチェックしたいものです。
 
2. 日照のチェックも忘れずに
物件を下見するとき、窓がどの方角を向いているかという点は意外にチェックしにくいものです。よく言われるように、東向き、南向きが、日当たりの良い方角ですが、下見の際に方角を正確に知るのは難しいので、下見の後に住宅地図で部屋の向きをチェックすることをお薦めします。
また、東向き、南向きの窓がある部屋でも日当たりが良いとは限りません。たとえば、部屋に接するような建物が隣にあるケースも多いでしょう。また、少し離れたところに高いマンションなどがあり、カーテンを開けると部屋の中が見えてしまうケースもあります。下見の際に、実際に窓の外を見て、周囲の状況をチェックしてください。
 
3. 部屋の広さは自分の目で確かめる
賃貸広告では、部屋の広さを、平米数では表示せず、帖数(畳の枚数)で表示している広告が多く見られます。1帖の広さは、不動産広告の基準によって「1.62平米~1.65平米」と決められています。
物件の下見の際には、この基準をもとに、部屋の広さを自分の目でチェックしてください。またこのとき、タンスやベッドといった持ち込む家具の大きさなども確認しておくと良いでしょう。
 
4. 建物の管理状態で入居者の質が分かる
物件の下見をする際、建物の管理状態が良いかどうかチェックしてください。ゴミ捨て場・駐輪場の使い方や、廊下・階段の清掃の様子などを見れば、きちんと管理されているかどうかが分かります。
建物の管理状態が悪い物件では、入居者の生活態度も悪いことが多いようです。管理状態が悪いのは管理会社がしっかりしていない証拠です。入居してからほかの入居者に悩まされないためにも、管理状態のいい物件を選びたいものです。
 
5. 周辺環境は歩いてチェック
物件を下見する際、物件の周辺をできるだけ歩いて、自分の目で環境をチェックしてください。とくに重要なのは、騒音や悪臭のチェックです。
たとえば物件のすぐそばで、うるさい犬のいる家を見つけたとしましょう。この物件に入居すれば、早朝に犬の吠える声で悩まされるかもしれません。同じように、住宅地の中にある小規模な工場なども要注意です。
また、悪臭もチェックしましょう。たとえば、物件の裏手の川から悪臭がするというケースもあります。
こうした物件の欠点は、入居してはじめて判明することが多いのですが、入居してから後悔しないためにも、周辺環境を歩いてチェックするべきです。
 
6. バス便のときは終バスの時間もチェック
バス便の物件では、駅前のバス時刻表で終バスの時間をチェックしておきましょう。終バスが夜10時ごろに駅を出てしまう地域も多いからです。
さらに、できれば夜間にタクシーにすぐ乗れるかどうかも確認しておきたいものです。タクシーの状態は、不動産会社の営業マンに聞いても分からないことが多いので、実際に夜に現地に行って確認するのが確実です。