中古住宅+リフォームのすすめ

各部位別のリフォーム費用相場
キッチン

中心価格帯

50~150万円

キッチンリフォーム料金は、50万円~150万円がメインの価格帯です。システムキッチンの交換は、採用する設備グレードやレイアウトで価格が変動しますが、おおよそ100万円以内で可能です。

アイランド型にしたり、給排水の工事が必要だと、100万円を超えることが多いです。

マンションのシステムキッチン交換の事例

  • 機器代金システムキッチン25万円
  • 工事費用システムキッチン交換25万円
  • 合計50万円

マンションで壁付けのI型キッチンを撤去して、新しいシステムキッチンに交換する場合の費用です。
新しく導入するシステムキッチンがスタンダードなもので、オプション機能もつけなければ、50~60万円ほどで工事が可能です。

トイレ

中心価格帯

20~50万円

トイレリフォームの料金は、20万円~50万円が中心的な価格帯です。洋式便器から洋式便器への交換の場合はおおよそ50万円以内で可能です。

和式から洋式への交換や、トイレを広くするような工事では、50万円以上かかることもあります。

トイレの交換と内装リフォームの事例

  • 機器代金トイレ15万円
  • 工事費用トイレ交換・内装工事10万円
  • 合計25万円

既存のトイレを撤去し、新しい便器に交換する、洋式から洋式へのリフォームです。暖房・温水洗浄機能が付いたスタンダードな便器を設置した例です。工事費用の10万円には、便器交換作業費のほか、床材と壁紙クロスの張り替え代も含まれます。

風呂・浴室

中心価格帯

50~150万円

浴室リフォームの費用は、50万円~150万円の間でおおよそ収まります。

最も多い、ユニットバスからユニットバスへの工事は50万円~80万円ほど、在来工法からのユニットバスリフォームですと、解体費用が高くなるので、70万円~100万円程度が相場です。

一戸建てでユニットバス交換の事例

  • 機器代金ユニットバス45万円
  • 工事費用ユニットバス取り外し・取り付け工事25万円
  • 合計70万円

古くなったユニットバスを新しいユニットバスに交換する場合の費用です。ユニットバス自体の金額は、サイズが大きくなるほど高くなります。また、内装のグレードや浴槽の性能、シャワーの機能によっても金額が変わります。予算がオーバーしないようにリフォーム会社としっかり相談しておきましょう。

洗面所

中心価格帯

20~50万円

洗面所リフォームの価格は、20万円~50万円が中心価格帯です。スタンダードグレードのユニット洗面台の交換がメインです。

2つ目の洗面台などで、最低限のシンプルな商品を選べば20万円以下での設置も可能です。

洗面台交換と内装リフォームの事例

  • 機器代金洗面台12万円
  • 材料費内装材2万円
  • 工事費用洗面台交換・内装工事17万円
  • 合計31万円

シンプルな機種の洗面台に交換し、あわせて1.2坪の広さの洗面所の内装も新しくした場合の費用です。
こちらの事例では一般的な壁紙クロスを使用していますが、調湿機能付きや防カビ機能付きなどの壁紙を選んだ場合は、少し予算を大目に見ておきましょう。

外壁・外壁塗装

中心価格帯

50~150万円

外壁塗装は、使用する塗料のグレードによって費用が変動します。塗料は安いもので坪当たり12,000円~、耐久性の高いものでは20,000円を超えます。

短期的には高額に思えますが、耐久性が優れた塗料を選んだほうが、長期のコストパフォーマンスがいいことがあるので塗料選びは慎重に進めましょう。

シリコン塗料での外壁塗り直しの事例

  • 材料費シリコン塗料工事費用に含む
  • 工事費用外壁塗装工事54万円
  • 工事費用足場設置・養生13万円
  • 合計67万円

シリコン塗料で壁面積140m2の家を塗り直した場合の費用です(延床面積30~45坪目安)。

外構・エクステリア

中心価格帯

10~100万円

外構・エクステリアは、門扉やアプローチ、フェンスなどの家のまわり部分をさします。

門扉の修繕など小規模なものは10万円~20万円程度、家のまわり全体にフェンスを巡らすような場合には、50万円をこえることもあります

門扉交換リフォームの事例

  • 機器代金門扉(両開き・アルミ製)15万円
  • 工事費用門扉の交換10万円
  • 合計25万円

既存の門扉を撤去し、新しい門扉に交換する場合の費用です。こちらでは、アルミ製を採用していますが、他にも木製・鋳物スチール(ステンレス)などの素材があります。

屋根・屋根塗装

中心価格帯

50~100万円

屋根塗装は屋根の面積と使用する塗料によりますが、殆どの場合100万円以内で可能です。

ただし、屋根の重ね葺きや葺き替えの場合には既存屋根の撤去費用なども追加されるので、100万円~150万円位の予算をみておきましょう。

下地が劣化していた屋根を葺き替えの事例

  • 材料費屋根材・下地材工事費用に含む
  • 工事費用足場設置・仮設工事・屋根葺き替え65万円
  • 合計65万円

築43年の木造住宅の屋根の劣化が激しく、下地の釘がしっかりと留まっていない状態でした。思い切って葺き替えをし、頑丈な屋根に生まれ変わりました。工期も1週間と短期で完了しました。

リビング

中心価格帯

15~100万円

リビングリフォームは、内装リフォームか、間取り変更などを含む大規模な工事かで費用が大きく変わります。

内装リフォーム(クロス)のみであれば、平米あたり1,000円~3,000円なので、15畳の部屋であれば、30万円程度で済むでしょう。間取り変更を含むと、かなり大規模になるので100万円~300万円ほどは必要になります。

リビング・ダイニング間仕切り撤去リフォームの事例

  • 材料費フローリング材(複合)11万円
  • 材料費壁紙・天井クロス(工事費含む)37万円
  • 工事費用フローリング張替え・間仕切り撤去7万円
  • 合計55万円

リビングとダイニングの間の間仕切りを撤去し、あわせて壁・天井のクロス張り替え、フローリング交換を実施した場合の費用です
広さはリビングダイニングで約14畳、壁には珪藻土を、フローリングは複合フローリングを使用しています。

和室

中心価格帯

20~50万円

和室リフォームの中心になる価格帯は、20~50万円です。既存の和室の壁紙や畳の交換(畳からフローリングへの交換)など小規模な工事が多いので、費用相場は低い傾向にあります。

他にも、収納のリフォームや掘りごたつ設置の場合には20~50万円ほど、最近人気のリビングの一角に和室を置くリフォームでは、30万円以上かかります。

和室を洋室にリフォームの事例

  • 材料費床材・壁紙工事費用に含む
  • 工事費用解体・内装工事58万円
  • 合計58万円

8畳の和室を洋室にする場合のリフォーム費用です。和室を洋室にするリフォームは、畳・フローリング・天井・壁紙の内装工事
および、襖(ふすま)や押入れなどの建具リフォームが必要になります。

※事例に関しては、依頼する会社や状況により価格は変動する可能性があります。

※グラフはリショップナビで調査したデータに基づいて、掲載をしています。

中古住宅を買って、リフォームするための6つのステップ

中古住宅の売買契約前でも、リフォーム会社が現地調査を行った上で費用の概算を出すことは可能です。建物とリフォーム工事の総額費用を把握するうえで、このプロセスはとても有意義になる為多少手間でも行うことをお勧めします。可能であれば現地調査は2~3社へお願いしましょう。


本文はここまでです このページの先頭へ