メゾネットタイプの賃貸物件

一戸建て気分で暮らしたい。メゾネットタイプの賃貸物件、メゾネットマンションを探せます。空間が階段で仕切られているため、それぞれで違ったテイストのインテリアを楽しむことも。東京では吉祥寺世田谷区杉並区に多く、大阪名古屋神戸福岡などの都市部でも人気があります。

都道府県からメゾネットタイプの賃貸物件を探す

メゾネット賃貸物件のメリットとデメリット

POINT 1 メゾネットタイプが人気の理由とは

メゾネットタイプでは、一階と二階に部屋が分かれているため、マンションでありながらも一戸建て感覚で住めることが最大のポイント。こうしたつくりを利用して、リビングを一階に設けて二階は寝室にするなど、生活空間が分けられることも人気を集めている理由の一つです。特に来客が多い場合などは、使い勝手が良いため人気です。また、空間を上手に使ったユニークな間取りの物件が多く、個性的でおしゃれな部屋づくりが楽しめるのもメリットといえるでしょう。

POINT 2 階段があることで生まれるデメリット

メゾネットタイプの特徴であり、空間を分けるのに大切な役割を果たしている階段ですが、逆にデメリットとなる部分もあります。室内に階段があると、その分スペースをとってしまうため、部屋として使える有効面積が少なくなってしまいます。また、階段の上り下りが必須となるため、家事動線が長くなることで不便さを感じることもあるようです。つくりとしては、高さがあるため開放感はありますが、空調の効きがワンフロアのマンションなどと比較すると悪くなる傾向があります。

POINT 3 気をつけたい騒音問題

マンションに住む上で、切り離せないのが騒音問題。メゾネットタイプの賃貸物件では、壁の厚さや防音設備にもよりますが、子ども部屋を二階にしたり、音の出やすい部屋を周囲と接点の少ない場所に配置するなどの工夫をすれば、騒音はあまり気にしなくても良いでしょう。ただし、注意したいのが階段の上り下りの際に発生する足音。ワンフロアの室内を歩くより、階段を上り下りする方が音が大きく響くため、注意が必要です。夜遅い時間はもちろんのこと、普段から駆け上がったり駆け下りたりしないよう、気をつけましょう。

他のテーマ・条件から賃貸物件を探す

  • 画像提供:アフロ ※本ページ上部で使用している写真はイメージです。