リノベーション賃貸物件

キレイなお部屋に安く住みたいなら、リノベーション賃貸物件を探してみるのもオススメ。リノベーション物件とは、中古のマンションやアパートを改装して、デザインや素材にこだわり新しい価値をもたせたお部屋で、新築よりも安く住めると人気です。東京大阪福岡に物件が多く、京都では町屋をリノベーションしているものもあります。

リノベーション賃貸物件のチェックポイント

「リフォーム」との違いは?

「リフォーム」との違いは?

賃貸物件を探していると「リノベーション済みマンションで、快適な暮らし」といったキャッチコピーを目にすることがありますが、「そもそもリノベーションとリフォームはどこが違うの?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。その違いは、改修工事の内容にあります。「リフォーム」は、一般的に壁紙やフローリングの張り替えなどを実施して「老朽化した部屋や設備を新しい状態にすること(元に戻すこと)」です。「リノベーション」とは、さらに、間取り変更などの大規模な工事を実施して、現代の生活スタイルやインテリアデザインの流行にあわせて「お部屋に新たな価値をプラスすること」を目指すものです。

新築並みの快適性を追求したい

新築並みの快適性を追求したい

リノベーション賃貸物件の中には、アイランドキッチンや、広い収納、土間など、現代の生活に合わせて間取りに工夫を凝らしたり、内装のデザイン性を追求したり、漆喰や無垢フローリングなど快適に暮らせる素材を利用したりするお部屋が最近増えてきており、工事中に申し込めば自分好みのカスタマイズができるという物件もあります。「築年数にはこだわらず、安くてキレイなお部屋に住みたい」という方に人気です。

物件を選ぶときに気をつけたいこと

物件を選ぶときに気をつけたいこと

リノベーション賃貸物件では、建物共有部分の取り決めなどにより、玄関ドアや窓サッシ、バルコニーなどの部分に手を加えられないことも多くあります。また、古い建物では、新しい建物に比べて既存の窓や網戸の建て付けに不具合が出たり、気密性・遮音性能が低い場合があります。内覧の際にしっかり確認をしましょう。 また、築年数の古い建物が多いため、リノベーション施工時に何もなくても、その後の経年劣化により既存の給排水管や給湯器などに不具合が発生することがあります。入居中に修理・修繕の手配が必要になった場合は、物件の管理会社やオーナーさんに対応をしてもらいましょう。

ページの先頭へ