ペット可・相談可の賃貸物件

ペットと楽しく暮らせる、ペット可・ペット相談可の賃貸マンション、アパートを探せます。最近は東京をはじめ、札幌名古屋大阪福岡のような都市にもペット可賃貸物件が多くあります。住みたい場所で大切なペットとの暮らしを実現しましょう。ただし、犬や猫でも種類やサイズ、数などの制限がある場合があるので注意が必要です。

都道府県からペット可・相談可の賃貸物件を探す

ペット可賃貸で快適に過ごすには

POINT 1 飼っても良いペットの種類は事前に確認

ペットといっても、犬や猫、ハムスターなどの小動物や鳥など、その種類は多岐にわたります。ペット可賃貸は、物件によって条件が異なり、「全てのペットが大丈夫」というわけではないので注意が必要です。犬か猫のどちらかしか飼ってはいけないものもあれば、ゲージ飼いのみ許可されている物件もあります。また、犬がOKでも、小型犬・中型犬のみに制限されている場合も。大型犬は、鳴き声による騒音や、壁や床などへの負担が大きくなることから、ペット可賃貸でも飼えないことがあります。ペットの種類や数など、事前にしっかりと確認し、条件に合った物件を選びましょう。

POINT 2 壁や床に傷をつけない工夫をしましょう

犬や猫を飼っていると、どうしても壁や床に傷がついてしまいます。しかし、傷み具合がひどくなると、退去時にクロスや床の張り替えが必要となり、費用を請求されることになります。引越しをしたらすぐに、傷がつかないよう工夫をしておくと安心です。床は、爪の跡がつかないよう、カーペットなどでカバーしておきましょう。また、粗相をすると、においもついてしまいます。特に畳などでは染み込んでしまうと大変なので、シートなどで保護を。猫を飼っていると、壁のクロスで爪を研いだりして、傷がついてしまうこともあります。爪研ぎ防止用のシートなどを装着しておくとよいでしょう。

POINT 3 しっかりしつけをしてマナーを守りましょう

ペットの鳴き声は、近隣とのトラブルを招くこともあるので、防音設備がしっかりとしている物件であっても、むやみに鳴かないようにしつけておきましょう。においに関しても、トイレをベランダに置いたりすると、迷惑がかかります。トイレは必ず室内に設置しましょう。また、注意したいのが、共用部分での過ごし方。廊下などではリードをつけたり、ゲージで運ぶなど、物件によって細かなルールは異なりますので、しっかりと確認してマナーを守り、住んでいる人がお互いに快適に過ごせるよう配慮しましょう。

他のテーマ・条件から賃貸物件を探す

  • 画像提供:アフロ ※本ページ上部で使用している写真はイメージです。